アーカイブ : 2012年 10月 24日

拍の取り方の意外な盲点

ギターには前打音や前打音的パッセージがよく出てきまんするす。先日、うちのお店の某君がAgustín Barrios(アグスティン・バリオスW)の有名な“Julia Florida(フリア・フロリダ”という美しいバルカローレ(舟歌)を弾いていたのだが、ある箇所でオイラは大いにズッコケ、そのまま額を床にガツっ!っと打ち付け、パックリ割れた額から大出血をし、全身がブラッディになっちまったよ。(ウソ) さて、なぜズッコケたかというと、彼は前打音の所で拍を取っていたからである。つまり、こうである。
続きを読む