アーカイブ : 2012年 10月 28日

時にはオリジナルを凌駕することもある

以前、クラシック・ギターの世界ではいわゆる“原典版”が流行っているみたいなことを書きましたな。(ここ)これは大変喜ばしいことでござんす。「あぁ、ここは本当はこうなっていたのかっ!」「やっぱりここはミス・プリントであったのだなぁ」みたいな発見がありまするからね。さて、ギターを弾かない(もしくは弾けない)作曲家のギター作品はほとんどの場合、演奏不能な箇所が多々ありまっす。
続きを読む