アーカイブ : 2012年 11月

ツイッター!、もとい、ツィター!

ツィター

続きを読む

ギターを加湿するよん~Guitar humidifier

例年通り、オイラのお肌は乾燥でパインパインさ。更に今冬は全国的に広い範囲で寒さが厳しくなるそうで、となれば乾燥もより一層激しくなるに違いねぇ。という訳で、今年は“Myufull(ミューフル)”と“SHIKOLIVE(シコリーブ)”で万全の体制を整えたがな。もう使い始めたけど、いいっ!これすんごくいいっ!お肌が保湿しまくりでナイス!さて、木製の楽器、オイラの場合はギターも乾燥は大敵でんがな。
続きを読む

卵かけご飯

“すき家の卵かけご飯W

すき家の卵かけご飯

続きを読む

ようやく“flamenco flamenco”を観る(激汗・・・)

Carlos Saura(カルロス・サウラW)監督・脚本、光の魔術師ことVittorio Storaro(ヴィットリオ・ストラーロW)が撮影監督を務めた2010年の作品、“flamenco flamenco”がDVD化されたのでようやく観た。オイラは本当にフラメンコ野郎なのだろうか・・・。カルロス・サウラ監督は1995年にも“flamenco”という作品を発表していますが、“flamenco flamenco”は更に進化&深化しており、出るのは溜息ばかりなりってくらい美しい映像作品でございました。フラメンコという芸術をこのように撮れるのはやはりカルロス・サウラ監督以外にはいないであろう。
続きを読む

真珠哀歌~純粋培養少女との恋に敗れる

なんだかライトノベル風なタイトルにしちまったけど、今日書くことは純然たる“下ネタ”であり、結構あからさまな内容であるので、そんな下劣なものは大嫌い!という方は決して続きを読んではならぬ。意外にもこのブログではほとんど下ネタって書いていない。ブログの検索窓に“下ネタ”と入れて検索されるがよい。今日の記事を含めて3件しかヒットしないはずである。(注:今後増える可能性あり・・・)元来下ネタ好きのオイラにしては奇跡的な数字である。
続きを読む

そ、そうだったのか・・・Part 2

キュフナー/ロマンス

続きを読む

低音連打!

オイラはフラメンコ音楽と同じくらいブラジル音楽が好きでありんす。なので、滅多に人前では弾かぬのだけど、密かに弾いて一人悦に入ること幾星霜って感じなのねん。当たり前の話だけど、フラメンコ音楽とブラジル音楽は全く違いまっす。で、フラメンコ・ギターにはあまり出てこないけど、ブラジリアン・ギターには割りと頻繁に出てくるパッセージが今日のお題である“低音連打”であります。ほとんどの場合、コードと組み合わせてリズムを刻むものでありんす。
続きを読む

Skin scales of fear

すなわち、

恐怖の鱗肌

続きを読む

絶対領域の時代が キタ━━━━━━┌(_Д_┌ )┐━━━━━━ !!!!!

絶対領域(ぜったいりょういき)とは

スカート、ショートパンツなどのボトムスとニーソックス(サイハイソックス)を着用した際にできるボトムスとソックスの間の太ももの素肌が露出した部分を指すオタクの使う萌え用語。スラングの一種。

from Wikipedia

続きを読む

フローズン・パークならぬレイトー・タウン

昨日、最後に行ったのがいつだったか思い出せないくらい久し振りに“ららぽーと”に行った。昔は“船橋ヘルスセンターW”だったんだよねぇ。懐かしいなぁ。滅多に乗らない京成線に乗り、あっという間に船橋競馬場駅に着。そこから1Km弱歩けばよろし。で、オイラは何をしに行ったのかというと“ららぽーと”に入っている東急ハンズに行ったのさ。
続きを読む