ツイッター!、もとい、ツィター!

ツィター


オーストリア、スイスでは大変メジャーな楽器ですが、我々日本人のとっては1949年に製作された名画中の名画“The Third Man(第三の男W)”で、ツィターの名手Anton Karas(アントーン・カラスW)が奏でた“The Harry Lime Theme(ハリー・ライムのテーマ)”があまりにも有名であり、さしずめクラシック・ギターにおける“禁じられた遊び(ロマンス)”のような曲であり、更にはヱビスビールのCMでも使われており、それが縁でJR恵比寿駅の発車メロディーにも使われており、西では阪急電鉄梅田駅の終電間際に流れる音楽として使用されており、要するに楽器名や曲名は知らなくてもみんな知っているメロディーですけん。

昔、実際にツィターを触ったことがあるのだけど、もの凄く弦のテンションが強いし、何より演奏が非常に難しい楽器でございました。よく弾けるもんだと感心しきり。

アントーン・カラス自身の演奏による“ハリー・ライムのテーマ”。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

これほどの有名曲ともなれば、当然ギターソロ・アレンジも古くから多数ある。オイラも色んギタリストのアレンジ楽譜を見たり、演奏を聴いたけど、一番原曲のイメージに近い、と言うより音だけ聴くとツィターそのものぢゃんと思ったのが押尾コータローさんのアレンジだったな。

テーマ冒頭部分。チューニングは⑥=D、⑤=Gね。

押尾編のハリー・ライムのテーマ

残念ながら押尾さん自身の演奏動画はなし。でも、凄く上手く弾いてらっしゃる方を発見。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

こうしてあらためて聴いてみると、半音階を巧みに使ったとても印象深いメロディーだねぇ。

そうそう。パコ・デ・ルシア大先生がインタビューを受けながらデモンストレーション的に演奏をしている貴重な動画があるのだけど、なぜか“ハリー・ライムのテーマ”も弾いちょる・・・。(4:10~)

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

お茶目だねぇ・・・。

映画を未見でしたら、“観なさいっ! by おすぎ”

第三の男 [DVD]

第三の男 [DVD] [DVD]

価格¥ 540

監督キャロル・リード

出演者ジョゼフ・コットン, オーソン・ウェルズ

出版社ファーストトレーディング

商品カテゴリーDVD

Supported by amazon Product Advertising API

押尾コータローのメジャーデビューアルバムに“ハリー・ライムのテーマ”が収録されているがな。

STARTING POINT

STARTING POINT [ミュージック]

価格¥ 3,086

アーティスト押尾コータロー

クリエーター押尾コータロー

出版社EMIミュージック・ジャパン

出版日2002/07/09

商品カテゴリーCD

Supported by amazon Product Advertising API

楽譜も出版されているがな。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*