アーカイブ:2012年12月

ヨイトマケの唄

さてさて、大晦日でござんすね。皆様いかがお過ごしでしょうか?毎年毎年毎年毎年言っているんだけど、あっという間の一年でございました。何で大人になればなるほど、時の流れが早く過ぎるように感じるのでせう?何歳くらいから時間加速度タイマーが発動するのであろうか?ところで皆様は年末恒例の紅白歌合戦をご覧になるのでせうか?オイラはほとんど観たことがありません。でも、今年は観ようと思います。なぜなら、今年は美輪明宏さんが初出場され、あの“ヨイトマケの唄W”を歌われるからです。
続きを読む

決して“エビピラフ”と言ってはいけません!

とってもいまさらなんだけれど、Édith Piaf(エディット・ピアフW)ってやっぱり別格のシンガーだね。オイラ如きがくどくどとピアフのことを説明してもしょうがないので、詳しくはWikipediaで!で、ピアフは色んな方に影響を与えており、先日、久し振りにFrancis Poulenc(フランシス・プーランクW)のピアノのための名作“15 Improvisations(15の即興曲)”を聴いて、特にそのラスト15番の“エディット・ピアフを讃えて”の美しさに思わず涙してしまったのであった・・・。
続きを読む