プラムレイン

すなわち、梅雨!

plum_rain.jpg

なわけねぇ・・・。

関東甲信越も梅雨入りしましたねぇ・・・。いやだねぇ・・・。ジメジメするねぇ・・・。半袖では肌寒いよとお天気お姉さんが言っていたので、長袖着てきたら暑いねぇ・・・。湿気で髪も爆裂しているねぇ・・・。

で、なんで梅雨って梅雨と書くんですかねぇ。調べてみた。

梅雨は、中国から「梅雨(ばいう)」として伝わり、江戸時代頃より「つゆ」と呼ばれるようになった。「日本歳時記」には、「此の月淫雨ふるこれを梅雨(つゆ)と名づく」とある。中国では、黴(かび)の生えやすい時期の雨という意味で、元々「黴雨(ばいう)」と呼ばれていたが、カビでは語感が悪いため、同じ「ばい」で季節に合った「梅」の字を使い「梅雨」になったとする説。「梅の熟す時期の雨」という意味で、元々「梅雨」と呼ばれていたとする説がある。日本で「つゆ」と呼ばれるようになった由来は、「露(つゆ)」からと考えられるが、梅の実が熟し潰れる時期であることから、「潰ゆ(つゆ)」と関連付ける説もあり、梅雨の語源は未詳部分が多い。

要するによくわからんのだねぇ・・・。

梅雨が終わったら終わったで、酷暑の夏がやって来るわけで、それはそれでシンドイのぉ。早く秋が来ねぇかなぁ・・・。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*