線路内に一体何を落としてしまうんだろう?

shide_work.jpg


なんかここ数日、線路内への落し物の拾得作業で電車が遅延するというパターンにハマっている・・・。5~6分は止まってしまうので、結構イライラする。朝のラッシュ時は尚更でござんす。この1週間で3回も遭遇してしまった。

何十年も電車を利用しておりますが、オイラは今までに一度も線路内に落し物をしたことはござらぬ。つまり、線路内に物を落としてしまうというのはレアケースなんではなかろうか?

一体皆さん何を落としてしまったんだろうか?

ホーム上で電車を待っている時はほとんどの方が白線の内側に立っているはずである。何もせずじっと電車を待っていれば落し物をするということは考えられないわけでありんす。

借りにケータイを弄っていて落としたとしても、線路内に落ちる確率はそれほど高くはなかろう。ということは、いずれかの理由で落としたブツは転がりやすいもの、滑りやすいもの、飛ばされやすいものになろう。

そう言えば、駅のホームには必ず“安全拾得器”が設置されているね。

shide_vessel_safety.jpg

帽子は有りがちだねぇ。そう言えば、この“安全拾得器”を使用している場面って見たことがないなぁ。もし、これで拾得できない場合は、やっぱり駅員さんが線路内に降りて拾得作業をするんですよね?

そう考えれば、電車が5~6分停車してしまうのは無理ないか・・・。

皆様、なるべく線路内にものを落とさないようにしましょう!

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*