世界の中心で、節子と叫ぶ!

chihuahua.jpg


今朝、小岩駅に向かっておったらですね、↑の写真の如き超ぉ~可愛いチワワと散歩をしているオバアちゃんがおられたのさ。

で、そのオバアちゃんはイス付きのキャリーカートを転がしていたんだけどね、しばらくするとキャリーカートの中にチワワを入れて歩き出した。カートの中からちょこんと頭を出しているチワワ。

超絶的に可愛いやんけっ!

多分、無意識のうちにニヤけていたのだろう。ふとオバアちゃんと目が合うと、やさしそうな微笑を浮かべて会釈して下すった。

チャ~~~~ンスっ!

ご挨拶をしつつ、チワワと戯れたわ。人懐っこい可愛い子ちゃんだったがな。ちなみに女の子だったがな。エエ子や。

なのでオイラはオバアちゃんに聞いた。以下、その会話。

オイラ:名前はなんて言うんですか?
オバアちゃん:節子です。
オイラ:・・・・・・。
オイラ:い、いやこの子の名前なんですが・・・・・・。
オバアちゃん:ですから、節子です!

setsuko_seita.jpg

思わず世界の中心で叫んでしまった。あ、もちろん心のなかでね・・・。

確かにペットの名前が和風の“節子”であっても何も問題ない。思わず狼狽えてしまったオイラがイケないのである・・・。

ちなみにオイラが現在愛用しているスペインの名工、Manuel Caceres(マヌエル・カセレス)製作のフラメンコ・ギターにオイラは名前をつけちょる。その時の気分でコロコロ変わるんだけど、現在は

ジョセフィーヌ

ぢゃ。理由は聞いてはならぬぞよ・・・。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*