アーカイブ : 2013年 11月

知る人ぞ知るギタリスト・シリーズPart.4~Frantz Casséus

シベリアのツンドラ地帯から先程帰還。やっぱり“どこでもドア”は便利である。さて、Frantz Casséus (フランツ・カソーズ、1915-1993)というハイチ出身のギタリスト作曲家の名前を知っているという方は、相当のマニアとお見受け致す。なぜなら、この俺様が知らなかったのであるからな。あ、すみまそん・・・。近年、カソーズのギターソロ作品が出版されたことにより彼の作品を演奏する方が少しづつ増えているようでっす。
続きを読む

悲しみの四次元ポケット

朝晩はかなり冷え込むようになってきましたね。夏、特に西日本あたりは大変な酷暑続きだったわけですが、もう雪ですもんね。なんなんでしょうね。で、日常生活においても寒風が吹き荒ぶ事もございまして、過日、お店にご来店なすったお子様が「シャープペンの芯が無くなっちゃった」と親御さんに仰られていたので、“タララッタ ラ~ン”というファンファーレも高らかに、オイラが普段身につけているエプロンの四次元ポケットから・・・
続きを読む

ジューシィ・フルーツ・シャッフル

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


続きを読む

続・教育的指導~コインランドリーでオヤヂにキレる編(蹴り炸裂)

オイラの人となりを知る方の多くは大抵の場合、「○○さん(もしくは○○ちゃん)はいつもニコニコしていますね(してるよね)」と仰るる。自分で言うのもなんであるが、それは概ね正しい。なぜなら、オイラは暴力が嫌いだからである。平和主義者だからである。“優しくなければ生きる資格がない by 高倉健”だからである。したがって、滅多なことでは怒らないし、ましてや手や足や頭を出すことなどよっぽどのことがない限り無い。そんな優しいオイラがキレる様は世間一般では“封印が解かれた”と畏怖される。
続きを読む

あ~あ~あ~あ~、(‘A`)マンドクセ!

spama_eradication1.jpg

続きを読む

ええと・・・ちょっと待ってくださいっ!

「いいや、待てねぇなぁ。これも運命だと思って諦めな」
by  時の流れ

続きを読む

枯れゴーヤとナスターシャ姐さん

10月10日に“緑の魔手”というタイトルの記事を書いたのですが、その後、さすがに家主の方も家の窓を全部覆い尽くされて閉口したのか、蔓草を全て刈り取られたご様子。が、さすがに電線に絡まった部分は手に負えないと見えて放置状態・・・。なので、この部分はゆっくりと枯れ行く運命でありんす。で、まだ緑が濃かった時には気付かなかったのでありんすが、この蔓草の正体はゴーヤなのでありんした。
続きを読む

パコ大先生の作品をフラメンコ・ギター以外で演奏してもムイ・ビエンなんだねぇ

10_de_paco.jpg

続きを読む

忘却、そして頭突き

marlboro_black_again.jpg

続きを読む

ある剛毅な毛虫の大英断

ここのとろこ毎日のようにポトフを作り、テーブルコショウが1週間でなくなるほど投入して食べ続けた結果、ケツノアナは痛いのですが、身体はぽっかぽかになって暖房いらずの今日この頃。皆様いかがお過ごしでせうか。オイラは冷房が無いとあっという間に溶けてしまいますが、暖房は余り得意ではないので今冬も暖房なしで過ごそうと思っておりんす。ちなみにワタクシは時短のため、ポトフは圧力鍋を使って調理しまっす。
続きを読む