ある剛毅な毛虫の大英断

ここのとろこ毎日のようにポトフを作り、テーブルコショウが1週間でなくなるほど投入して食べ続けた結果、ケツノアナは痛いのですが、身体はぽっかぽかになって暖房いらずの今日この頃。皆様いかがお過ごしでせうか。オイラは冷房が無いとあっという間に溶けてしまいますが、暖房は余り得意ではないので今冬も暖房なしで過ごそうと思っておりんす。ちなみにワタクシは時短のため、ポトフは圧力鍋を使って調理しまっす。

さてそんなことはどうでもよろし。

毛虫&イモムシが大の苦手であるオイラが、なぜ今日のブログタイトルにわざわざ“毛虫”を入れたかと申しますと、今朝方見かけた毛虫に感動してしまったからであります。

いつものようにJR小岩駅に向かって歩いておりますと、道路の端っこに体調3cm位の茶色い毛虫がおったのであります。

目視した瞬間、当然ながらオイラは“じぇじぇじぇ”というより“ぎょぎょぎょ”という感じで慄き、チキン肌がスタンドアップしてしまいました・・・。朝っぱらから意気消沈でございます・・・。

毛虫はオイラがいることなどガン無視で少しずつ、それでもかなり必死な感じで道路を横切るように歩いているのであります。で、そんな様子を見ているうちにオイラお得意の妙なスイッチが入ってしまったのでございます。

この脇道は一方通行の狭い道ではありますが、毛虫からすればかなり幅が広い道ではないですか。そこをゆっくりゆっくり歩いているのであります。

車も頻繁に通り、人間はもちろんのこと、犬や猫やカラスといった禽獣も多いわけでございまして、毛虫にとっては正に茨の道でございます。果たして無事に道を渡り切る事が出来るのであろうか。な、なんかすんごく心配だ・・・。頑張れ毛虫っ!

何てことを考えましたら無性にこの毛虫が愛しくなってしまい、せめて車や人に踏み潰されたり、禽獣に襲われたりしないようお守りし、更には彼の大いなる英断を讃美し、心の中でエールを送るのが人の道というものでございましょう。

今まで毛虫が嫌い、イモムシが嫌いなどとほざいて申し訳ございませんでした。貴方の剛毅、且つ、高潔な行動力の前ではワタクシ如きは道端の犬の糞以下、人間の皮を被った糞袋に過ぎませぬ。

で、もっと間近で彼の剛毅な大英断を目に焼き付けようと近づいたのですが、

やっぱ無理っ!Σ(゜Д゜ノ)ノ

無理なもんは無理っ!人間、無理したらアカン。再びチキン肌をスタンドアップさせつつその場をそそくさと去った、人倫に悖るオイラなのであった・・・。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*