アーカイブ : 2013年 12月

大晦日だというのただひたすら歩くという愚行を決行するオイラに幸あらんことを望む

今日は秋葉原某店にて、かねてより購入しようと思っていたあるブツをゲットし(この件については後日書きまっす)、その後、軽く昼飯を喰らい電車に乗る。で、読書に夢中になってしまい(ちなみに読んでいたのは竹宮ゆゆこWさんの“とらドラ”というラノベ)、気がついたら西船橋だった・・・。どんだけ乗り越してんだよ・・・。大丈夫か?<オレ。で、またまた変なスイッチが入ってしまい、小岩まで歩いたろう!ということに相成った次第でござんす。
続きを読む

憧れについて

タスマニアタイガーを探しに行くのは冷静に考えると何の益にもならぬので連休初日をダラダラと過ごしました・・・。年末ですから、色々とやらなきゃならぬこともあるのでしょう。一般的には大掃除なんかそのカテゴリーに入るわけですが、オイラは毎日掃除をするし、断捨離も実行しているし、キッチン周りも調理後に常に掃除をするので、結局のところ何もやることがないのでっす・・・。
続きを読む

苦節一年・・・

ええとですね、うちのお店のお正月休みって例年12月31日~1月4日なわけですよ。なので、今日も仕事してますよ・・・。思えば昨年も今年も、“夏休みっ!”が取れなかったんですよっ!オイラはっ!だから、休みたいんですよっ!激しくっ!でもですね、明日30日(月)は定休日なわけですよ。なのでお休みですよ。で、来年の1月5日は日曜日ぢゃないですか。仕事始めではあるんだけど、翌6日は月曜日でまた休み。メンドイ・・・。なので今年は・・・
続きを読む

元値の約5倍のプレミア価格になりました!

pasion_flamenca.jpg

続きを読む

O mio babbino caro(オ・ミオ・バッビーノ・カロ)~私のお父さん

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


続きを読む

全人類的お宝必聴盤~Part29 “Ramón Montoya/Grandes Figures Du Flamenco Vol.5”

Ramón Montoya (ラモン・モントージャ~1880-1949)のことを以前書いた時にこのアルバムの事に触れたんですが(ここ)、やっぱりこれは全人類的お宝必聴盤としたい。今でこそフラメンコ・ギターのソロという分野は当たり前ですけど、その礎を築いたのはラモン・モントージャであり、後に続くNiño Ricardo (ニーニョ・リカルド、1904-1972)、Sabicas (サビーカス、1912-1990)といった大巨匠が更にその世界を広げ、更なるグローバルな世界へと押し上げたPaco de Lucía(パコ・デ・ルシア)と続くのでありんすから。
続きを読む

フラメンコでクリスマス!

Camarón de la Isla(カマロン・デ・ラ・イスラ)とTomatito(トマティート)のビジャンシーコ。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


続きを読む

小岩にあったらいいなと思うものベスト3

相変わらず「ヒャッハー、クリスマス、クリスマス!」と浮かれ騒いだ1週間後に初詣に神社仏閣へ訪い、大行列を作る節操の無い日本人に馴染めない異邦人Luziaっす・・・。こんなことを思うオイラっておかしいのだろうか?まぁね、人間なんて欲望の塊みたいなもんですからね。欲望の赴くままに色々やらかしちゃうのが人間だもの。なので、オイラが地元小岩にあったらいいなという欲望を開陳するのは実に自然な成り行きであろう。
続きを読む

Paper Moon

先日、Ryan O’Neal(ライアン・オニールW)が、Andy Warhol(アンディ・ウォーホルW)が描いた元恋人である故Farrah Fawcett(ファラ・フォーセットW)の肖像画の所有権を巡る裁判において勝訴したというニュースを読みやした。で、思い出したのが、ライアンの娘であるTatum O’Neal(テータム・オニールW)にでございやんした。オイラが映画少年であった中学生の頃、人気絶頂だったのがテータム・オニールであり、“スクリーン誌”や“ロードショー誌”(注:廃刊)の表紙を飾りまくっていたっけ。
続きを読む

グリーシャ・ゴルヤチェフがやって来る!

随分前にロシア(現在はアメリカに在住)のモンスター級ギタリスト、Grisha Goryachev(グリーシャ・ゴルヤチェフ)の事を書きやしたが(ここ)、オイラ的にはず~~~~~っと心密かに生で聴きたいギタリストの筆頭であり、これほどのギタリストなのに誰も呼んでくれそうにないので、日本で聴けないのなら思い切ってアメリカまで行ったろうかい!とも思ったこともあるのでありますが、なんと!来年の5月18日に開催予定の・・・
続きを読む