全人類的お宝必聴盤~Part29 “Ramón Montoya/Grandes Figures Du Flamenco Vol.5”

Ramón Montoya (ラモン・モントージャ~1880-1949)のことを以前書いた時にこのアルバムの事に触れたんですが(ここ)、やっぱりこれは全人類的お宝必聴盤としたい。今でこそフラメンコ・ギターのソロという分野は当たり前ですけど、その礎を築いたのはラモン・モントージャであり、後に続くNiño Ricardo (ニーニョ・リカルド、1904-1972)、Sabicas (サビーカス、1912-1990)といった大巨匠が更にその世界を広げ、更なるグローバルな世界へと押し上げたPaco de Lucía(パコ・デ・ルシア)と続くのでありんすから。

“Ramón Montoya/Grandes Figures Du Flamenco Vol.5
(ラモン・モントージャ/フラメンコの偉大な巨匠たちVol.5”

ramon_montoya.jpg

  1. Bulerías(ブレリアス)
  2. Fandango(ファンダンゴ)
  3. Solea(ソレア)
  4. Siguiriya(シギリージャ)
  5. Taranta(タランタ)
  6. Minera(ミネーラ)
  7. Malagueña(マラゲーニャ)
  8. Solea(ソレア)
  9. Granadina(グラナディーナ)
  10. Rondeña(ロンデーニャ)
  11. Guajira(グァヒーラ)
  12. Tango(タンゴ)
  13. Farrúca(ファルーカ)
  14. Alegria(アレグリア)
  15. La Rosa(ラ・ローサ)
  16. Siguiriya(シギリージャ)

ラモン・モントージャの完全ギターソロ(当然、音源はSP盤)の全録音が上記のアルバムであります。ご覧のとおり、主要なリズム形式がほとんど収録されていて大変貴重!

録音が古く、おそらく原盤の状態もあまり良くないため聴き辛い部分もありますが、それでもよくある復刻盤よりは全然良いっす。また、ナイロン弦ではなく、ガット弦による演奏ということも相まって、ガットならではの味わいも堪能出来まっす。

より複雑になった現代フラメンコ・ギターの世界(ハーモニーやコンパスなど)を理解するには、古いスタイルも知らないと全く理解出来ませぬ。折に触れて原点に立ち返ると、思わぬ発見があるかもよ!

“ラ・ローサ”の音源。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

Vol. 5-Great Masters of Flamenco

Vol. 5-Great Masters of Flamencoミュージック

アーティストRamon Montoya

発行Le Chant Du Monde Fr

発売日1996/01/03

カテゴリーCD

Supported by amazon Product Advertising API

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*