なんで“ロペス・ロペス”と同じ名前が2つ重なるのでせうか?

park_kyuhee_winner.jpg


上のCDは朴 葵姫(パク・キュヒ)さんのNAXOSレーベルからリリースされたアルバムでございます。

このアルバムの最後にスペインの作曲家、José Manuel López López(ホセ・マルエル・ロペス・ロペス)の“Impresiones y paisajes(印象と風景)”という作品が収録されているんですが、完全に前衛作品でございまして、言うなれば他の収録曲と比較するとかなり異質でございます。なぜこの曲を収録したのか?

実はこの作品、2012年度のAlhambra International Guitar Competition(アルハンブラ国際ギターコンクール)の課題曲でございまして、パクさんは見事に第1位を獲得!で、優勝者の特典の一つがNAXOSレーベルからアルバムを発表出来るってことだったのであります。なので、この作品を録音したっていうわけでっす。

前衛作品ですが、個人的にはすんげぇいい曲だと思う。

<冒頭部分>

impresiones_y_paisajes1.jpg

<中間部~ハーモニクスとミュートの連携が美しい!>

impresiones_y_paisajes2.jpg

残念ながら演奏動画はなかったっす。でも、NAXOSのサイトで試聴出来まっす。

にしても、パクさんのトレモロはやはり美しい。2014年時点で宇宙一ぢゃなかろうか?デビュー盤でも録音をされていた、Agustín Barrios(アグスティン・バリオス)の名曲、“Un Sueño en la Floresta(森に夢見る)”は溜息が出るぜ。

パクさんの“森に夢見る”の演奏動画。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

あぁ、またやっちまったよ・・・。前フリが長すぎるわな、オイラ・・・。

前述のスペインの作曲家、José Manuel López López(ホセ・マルエル・ロペス・ロペス)なんですけどね、なんで同じ名前が2つ重なるのでせうか?ご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教授下され!

期待の新進演奏家シリーズ/朴 葵姫(パク・キュヒ) ~ギター・リサイタル

期待の新進演奏家シリーズ/朴 葵姫(パク・キュヒ) ~ギター・リサイタルミュージック

価格¥ 1,291

アーティスト朴 葵姫(パク・キュヒ)

クリエーターD.スカルラッティ

発行Naxos

発売日2013/11/19

カテゴリーCD

Supported by amazon Product Advertising API

    • mimi
    • 2014年 2月 8日

    お父さんもお母さんも“ロペスさん”だったってことじゃないでしょうか?スペインでは両親の姓を併記するようです。

    • Luzia
    • 2014年 2月 8日

    @mimiさん
    なるほどぉ。勉強になりました。日本でもこういう週間があったら、オイラのイニシャルはY.M.Iでっす!

    それにしても今日の東京の大雪。積雪25cmだそうで、戦後3番目の記録とのこと・・・。7時に会社を出たのですが、帰宅は10時でした・・・。現在、強風が吹き荒れておりまして、完全な雪嵐です・・・。

  1. トラックバックはまだありません。

*