20フレットは本当に必要なんだろうか?

guitar_20flet.jpg


このブログでも書いたことがありますが、Agustín Barrios(アグスティン・バリオスW)の美しいトレモロ作品に“Un Sueño en la Floresta(森に夢見る)”という作品がござる。あんまりにも美しい曲なので国内外のプロ・アマ問わず愛奏されている昨今。

で、この作品には20フレットのC音(ド)が出てきますな。

barriosfloresta_20_flet_.jpg

そんな事もあって、最近はクラシック・ギターの世界は通常の19フレットの仕様ではなく、20フレット仕様というのも普通になってきましたがな。

Emmanuel Rossfelder(エマニュエル・ロスフェルダー)による20フレットのギターによる演奏動画。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

ただ、20フレットのC音の出てくる曲ってこの作品以外にほとんど無いのねん・・・。

この作品をオリジナルどおりに演奏するために、後からで20フレットを付けることも可能ではあります。が、冒頭の写真をご覧いただくとお判りのとおり、サウンドホールからちょっと飛び出す感じになりますね。見た目的にこれを嫌う方もいらっしゃいます。(オイラとか・・・)

あえて19フレットのままこの曲を演奏する方も多いのですが、その場合はメロディーを変えるしかありませぬ。

朴 葵姫(パク・キュヒ)さんの19フレットのギターによる演奏動画。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

メロディーの流れからすると20フレットのC音に行くのは必然的、且つ、自然であります。でも、20フレットはなぁ・・・。オリジナルを取るか、変更するか・・・。実に悩ましいのですが、オイラはやっぱり19フレットのままでいいや。

    • じんじん
    • 2014年 5月 28日

    フレット数の談義、エレキだけぢゃ無いんですね。
    ボズ・スキャッグスの某曲リードギターだったっけかなぁ、ピックアップ近くのフレットが
    もう1つ欲しかったのは・・・・・。

    ウルリッヒ・ロート開発のスカイギターもフレット数が多いと言うだけで
    買いたくなっちゃったことも(爆)。

    金曜日の午後(明後日)、もしかしたら寄るかもしれません。

    であ。

    • Luzia
    • 2014年 5月 28日

    @じんじんさん
    ギターの弦は6本しかありませんから、どうしても低音域を増やしたくなったり、高音域を増やしたくなっちゃうのかもしれませんね。

    >金曜日の午後(明後日)、もしかしたら寄るかもしれません。
    了解でっす。

  1. トラックバックはまだありません。

*