楽譜は大切にしませう!(おみやげ付き)

María Esteban Valera(マリア・エステバン・デ・バレーラ、1910-1987)という作曲家のギター作品に“Two Miniatures(2つのミニチュア)”という作品がござる。それぞれに“Nana(ナナ)”、“Intermezzo(間奏曲)”というタイトルが付けられた大変愛らしい小品でございまして、かの大巨匠Andrés Segovia(アンドレス・セゴビアW)や昨年早逝された稲垣 稔さんも録音していまっす。

やさしく弾けて&美しい!ムイ・ビエン!

が、この作品を献呈されたセゴビア大先生が楽譜を紛失(それとも焼失だったか?)してしまわれたため、楽譜は未出版[1]ざんす。ナンテコッタイ・・・。

が、スウェーデンのギタリスト、Jan-Olof Eriksson(ジャン・オロフ・エリクソン)という方が近年、自身で採譜をした楽譜を無償で公開されたのねん!

“ナナ”の冒頭部分。

nana.jpg

“間奏曲”の冒頭部分。

intermezzo.jpg

が、But、しかし・・・。今日確認をしてみたら、この2曲が削除されちょった!イタッコテンナ・・・。

なので、↓からDLなされたし。怒られたら削除しまっす。

マリア・エステバン・デ・バレーラ/ナナPDF

マリア・エステバン・デ・バレーラ/間奏曲PDF

  1. 稲垣 稔さんはセゴビアの演奏から採譜されたそうです。 [戻る]
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*