これ弾けたら超カッコイイんだけどなぁ・・・

随分前に“ジミ・ヘンドリックス讃歌”という記事を書いたのでありんすが(ここ)、その時にチェコの名手Pavel Steidl(パヴェル・シュタイドル)の演奏動画を貼ったのだけど、やっぱり素晴らしい演奏だ!パヴェル・シュタイドルは今も大好きなギタリストでござんす。バロックも古典もロマン派もラテンものも現代ものも、すなわちどんな曲を演奏しても素晴らしい演奏をするギタリストは意外と少なかったりするわけで、パヴェル・シュタイドルはそんな極小数の名手だと思う。

シュタイドルは作曲もよくするのだけど、これがまたなかなかカッコイイ曲ばかりだったりする。残念がら楽譜は未出版のようでっす。

中でも“And you go to Ithaca, too ?(そして君もイタカに行く?)”っていう曲はベリーナイス!来日公演(オイラは行けなかったけど・・・)でも演奏されちょるんですが、これは出版されてもオイラを含め、他のギタリストもまず演奏出来んと思う・・・。

なぜなら、この曲を演奏するには“ホーミーW”を習得せねばならんからである。実際にシュタイドルの演奏をご覧あれ。4:26位からギターを演奏しながらホーミーってます。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

何とも不思議な感興をもたらしてくれますなぁ・・・。初めてこの曲を生で聴かれた方はさぞクリビツされたことでありましょう。

で、ホーミーの習得はかなり難しいらしいでっす・・・。

第一回モンゴル国ホーミーコンクール優勝のボルドエルデネさんのミュージッククリップも驚愕!

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

つ~か、シュタイドルはやっぱりゴイスー!

  1. この人凄いっすね!
    アコースティックギターソロでこういうのやりそうな
    日本人いますよね渡辺香津美とか
    でもホーミーは無理でしょうけど(汗)

    • Luzia
    • 2014年 8月 22日

    @アルパコさん
    パヴェル・シュタイドルさんは素晴らしいクラシック・ギタリストですよぉ。ルネサンスから現代作品まで別け隔てなく凄い演奏をされます。

    実演は聴いていたのですが、例のホーミー入りの曲を聴いた方のお話によると最初は何が起こったのかわからなかったそうです。

  1. トラックバックはまだありません。

*