左指&リズム感を鍛えまくりたい方にオススメの曲っす~おまけ付き

以前ご紹介いたしたやんしたCristina Azuma(クリスチーナ・アズマ)のCD(詳細はここ)、“No Palacio de la Guitarra”にBartók Béla(バルトーク・ベーラW)の“Bulgarian rythm(ブルガリアのリズムで)”という曲が収録されちょる。この作品はバルトークの有名なピアノ作品である“ミクロコスモス(全6巻全153曲)”の第4巻に収録されちょる113番目に当たる曲ざんす。8分の7拍子っていう、いかにもブルガリアンなリズムでっす。

<原曲の冒頭部分>

mikrokozmosz113_original.jpg

Huang Tiange君(7歳っ!)のピアノ演奏動画。カッコイイ!

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

一聴すると全くギター向きではないのでありんすが、この曲に目をつけたクリスチーナさんはさすがでござんす。残念ながらギター版の楽譜は未出版なのでありんすが、恐らくクリスチーナさんの演奏から採譜をしたのではなかろうかという楽譜を昔見つけたのねん。

<ギター版の冒頭部分>

mikrokozmosz113_guitar.jpg

4小節目から46小節目まで延々と同じバス・オスティナート(しかも8分の7拍子で)を左指のみでスラー、上声はいわゆるライトハンド奏法をし続けるので、かなり指とリズム感を鍛えられと思ふ。

このアレンジぢゃないですが、ギターソロで演奏する強者。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

という訳で、今回もおみやげ付きぢゃ。是非、挑戦なされたし。

バルトーク・ベーラ/ミクロコスモスNo.113(ブルガリアのリズムで)ギターソロ版 PDF

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*