アーカイブ : 2014年 10月 21日

34年目の奇跡

このブログでも再三書いていて、オイラが心の底から尊敬してやまないクラシック・ギタリスト、山下和仁Wさんがムソルグスキーの“展覧会の絵”のギターソロ版を発表したのが1980年。楽譜もその翌年に出版されたものの、あまりにも難度が高すぎて、山下さん以外のギタリストが全曲演奏をすることは不可能と思われていましたが、遂に弾いてしまったギタリストが現れたっ!ウクライナのクラシック・ギタリスト、Marko Topchii(マルコ・トプチ)でござんす。
続きを読む