泥売る~おまけ付き

ふざけたタイトルを書いちまってサーセン・・・。José Antonio de Donostia(ホセ・アントニオ・デ・ドノスティア、もしくはJosé Antonio de San Sebastián、1886-1956)はマイナーな作曲家でありまするが、彼がピアノのために作曲した“Preludios Vascos para Piano(バスク風前奏曲・全21曲)”の第2巻に収録されているNo.6“Oñazez “Dolor””という曲は、ギターの世界では古くからギターソロにアレンジされて演奏&録音されているためよく知られておりんす。日本では“ドロール”、もしくは“哀歌”というタイトルで愛奏されちょるの。

ちなみに彼は神父様でもありました。とても優しそうなお顔ですねぇ。

padre_donostia.jpg

原曲冒頭部分

donostia_dolor_original.jpg

原曲のピアノによる演奏動画。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

José Tomás(ホセ・トマス、1934-2001)のギターソロ・アレンジの冒頭部分

donostia_dolor_guitar.jpg

ドイツの巨匠、Wolfgang Lendle(ヴォルフガング・レントレ)によるホセ・トマス編の演奏動画。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

素朴ながらとっても美しいメロディーざんすねぇ。ギターで弾いても全然違和感が無いでっす。

原曲の楽譜をご覧いただくとお判りのとおり、B♭ Minor(変ロ短調)というギターではまず無理なキーなので、ホセ・トマスは慣例に従って半音低いAm(イ短調)でアレンジしちょります。どうしても原調で弾きたい方はカポ1で弾くがよろし。実音の最高音はE(ミ)なので弾けまっす。

さて、弾くがよろしと言ったものの、ホセ・トマス編は絶版とのことなので例によっておまけ付きぢゃ。弾いてみたい方は以下よりDLされたし。
ドノスティア~ホセ・トマス編/ドロール PDF

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Luzia

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし

コメントをお待ちしております

*

2014年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

【 Twitter 】

【 アーカイブ 】

  • [—]2020 (19)
  • [+]2019 (131)
  • [+]2018 (118)
  • [+]2017 (141)
  • [+]2016 (121)
  • [+]2015 (243)
  • [+]2014 (365)
  • [+]2013 (365)
  • [+]2012 (366)
  • [+]2011 (364)
  • [+]2010 (365)
  • [+]2009 (165)

【 ブログをメールで購読 】

メールアドレスを記入して登録ボタンをポチッと押すと、更新をメールで受信できよりまっす。

【 管理人の素性 】

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし