健さんは最期まで健さんだった・・・

ken_takakura3.jpg


今日は公休だったので、いつものように街を徘徊し、さて、今日のネタはどうしようかと考えながら帰宅し、TVをつけたら高倉健さんの訃報が報じられており、一瞬固まり、その後失神するようにベッドに倒れこみ号泣してしまいました・・・。

約1周間前の11月10日に悪性リンパ腫により亡くなっていたとのこと。誠に健さんらしい最期でございました。享年83歳。合掌。

僕がリアルタイムで高倉健という役者名を心に刻んだのは1977年、山田洋次監督作品の“幸福の黄色いハンカチ”を観てでした。まだ、10代初めの子供でしたが、将来、こんなカッコイイオヂさんになりたいっ!と思ったものです。

以降、健さんの映画は全て観ており、それ以前の映画、つまりは“網走番外地シリーズ”などの任侠ものの映画もビデオやDVDで拝見し、健さんかっけぇ~などと狂喜乱舞しておったのであります。

好き嫌いは別にして、例えば「世界に誇れる日本の役者を一人挙げよ」と問われれば、恐らく100%の確率で高倉健さんの名が挙がるのではあるまいか?

まさにオンリーワンの存在であり、誰もが心の片隅に“古き良き時代の日本人の姿”というものの姿を想像出来、ものの見事に健さんはそれを具現化されていたのであり、現代的にはもはや絶滅危惧種とも言える方であったと考えているうちにまた滂沱の涙を流す僕なのであります・・・。

訃に触れてから自分自身かなり取り乱してしまい、酒を煽ってこれを書いている現在もベロンベロンです・・・。

あぁ・・・。今年は2月にパコ・デ・ルシアが亡くなり、2014年もあとひと月ちょっとというところで健さんの訃に接し、心は千々に乱れまくっております・・・。ただ只管に哀しい・・・。

健さん。お疲れ様でした。どうか安らかに。

    • じんじん
    • 2014年 11月 18日

    ネットニュースでびっくり、TVチェックで間違いない事を確認しました。

    Luziaさんの哀しみが伝わってくるようです。

    パコに続いて健さんまでも天の招きに応じるとは・・・・。

    CMコピーの「不器用ですから」は代名詞となりましたね。

    寡黙ながら存在感がある且つ男らしい俳優、これから現れるのは難しいでしょう。

    Luziaさん、心をご自愛下さい。

    • Luzia
    • 2014年 11月 19日

    @じんじんさん
    取り乱してしまって申し訳ございません。本当に健さんらしい去り際でございました。あぁ、オイラもあんなカッコイイジジイになりたいものです。

    • じんじん
    • 2014年 11月 19日

    >あんなカッコイイジジイになりたいものです。

    健さんは大部分の日本男子が憧れる存在ですよね。

    あえて「なりたい」では無く「なる」と決めて行動すると書きます。

    絶対無理だけどさ(超爆)。

    • Luzia
    • 2014年 11月 19日

    @じんじんさん
    ひと目でいいので、生で健さんを見たかったっす。多分、オイラは失神してしまうかも・・・。

  1. トラックバックはまだありません。

*