九死に一生ハプニング~信号無視の車に轢かれかける編

こんばんは、ありのままの姿を見せるアナ雪男です。なんと“九死に一生ハプニングシリーズ”約3年振りの更新っす!さて、あれはいつの事だったろうか・・・。それは、今日だぁ~~~~っ!公休だったので私的用事で午前中に出かけ、その後は例によって“ぶらり途中下車の旅”を決め込んで某街を散歩(徘徊)し、小岩に戻ってイトーヨーカドーで買い物をして帰宅の途についたオイラ。柴又街道で信号を待ちをしていたと思いねぇ。その時、オイラの隣にはチャリンコに乗ったオヂさんが一人おった。で、信号が青になったので当然の如く横断歩道を渡っておったら、一台のミニバンが赤信号にも関わらず、何の迷いもなく突っ込んできた・・・。

マヂでオイラとチャリンコオヂさんは轢かれかけた・・・。さて、ここで問題です。こんな状況に陥った時、オイラはどうなるでしょう?そう!答えは超シンプル。

ブチ切れるっ!

チャリンコオヂさんも「おうっ!」と言いながらかなり激昂のご様子。当然ですね。で、オイラは運転手に詰め寄ると、「赤信号だろうがっ!(#゚Д゚)ゴルァ!!」と凄んだら、が、結構いい歳と思しき運転手はいきなり無言で

クラクションを鳴らしまくり

やがった・・・。普段は菩薩の如き柔和なオイラの顔面が中国の伝統芸能“変面”の如く一瞬で般若ヅラに変化したことは言うまでもない。なのでオイラはフロントガラスをブチ破る勢いで叩き、

(#゚Д゚)ゴルァ!! テメェ、脱法ハ○ブ(危険ドラッグ)でもやってんのかっ!
埋○るぞ、ボケェゴルァっ!

と凄んだ。

あまりにも激昂しているオイラにチャリンコオヂさんはひいてしまったようで、「まぁまぁまぁ」と宥めてくだすったのだけど、オイラの怒りはそう簡単には収まらぬ。

もちろんこれは計算づくの行動であり、本当に暴虐を振るうつもりはないのだけど、兎にも角にもムカついてしまったわけです。

でも、結局このジジイは明確に謝罪することもなく行っちまいやがった・・・。悶々としたオイラは帰宅後、焼酎を煽り、ベロンベロンの状態でこの記事を書いております・・・。あぁ、気持ち悪い・・・。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*