こ、こんな貴重なクリップがあったのでっすね!

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality



当時まだまだ無名に近いギタリストだったパコ師匠が、テナーサックス奏者、Pedro Iturralde(ペドロ・イトゥラルデ)の率いるクインテットの1967年のアルバム、“Flamenco-Jazz”に参加していることはパコ・ファンなら誰でも知っている事実でっすが、冒頭のようなクリップがあったとは知らんかったっす。演奏曲は有名なスペイン民謡の“Anda Jaleo(アンダ・ハレオ)”でっす。パコ師匠はまだ20歳ですなぁ。

スーパー・ギター・トリオ以前にジャズと接近していたのは興味深いのですが、パコ師匠のギター演奏は完全にフラメンコで演奏されちょります。でも、前述の“Flamenco-Jazz”はお宝音源でございまっすよ。

Flamenco Jazz

Flamenco Jazzミュージック

アーティストPedro Iturralde

発行Mps-Jazz

発売日2014/09/04

カテゴリーCD

Supported by amazon Product Advertising API


↑ あるうちに購入した方がよろしかろう。

  1. 動画あったんですね!!ジャズとトラディショナルなフラメンコ、融合すると凄くアバンギャルドな感じになりますね!後のヘラルドやカニサレスが参加したジャズパーニャにも影響してるかもですね♫

    • Luzia
    • 2015年 7月 21日

    @アルパコさん
    動画はワタクシがまだ赤ん坊の頃なんですが、なんだか感動です。

    パコが本格的にジャズと接近するのは80年代になってからんですが、既に60年代に接近があったこと自体にさらなる感動を得ています。まさにジャズパーニャの原型ですね。

  1. トラックバックはまだありません。

*