やっぱりシガーラはいいねぇ

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality



昨年、オイラが大好きなカンタオール、Diego el Cigala(ディエゴ・エル・シガーラ)が、あのJuanjo Domínguez(ファンホ・ドミンゲス)のギター伴奏でCarlos Gardel(カルロス・ガルデルW)の“El día que me quieras(想いの届く日)”を歌っている動画をご紹介したのざんすが(ココ山岡)、今回はフォルクローレの名曲中の名曲である“Alfonsina y el Mar(アルフォンシーナと海)”(この曲についてはこれまた以前書きましたな。CoCo壱番屋)の演奏動画をご紹介するざんす。

バンドネオンも入ってすんげぇ洗練されちょる。でも、歌い方はカンテなんだよねぇ。それがいいんだよねぇ。つ~か、シガーラ超かっけぇ~っ!

  1. Luziaさん、27日にオーチャードでシガーラ聴いてきました。
    もちろん歌は素晴らしかった・・。あの声が生で聴けるなんて凄すぎると思いました。
    でもね、まさか・・酔っぱらっていた!? ちょっと目が点になりました・・(謎)
    この映像とはちょっとちがう印象でした・・・。

    • Luzia
    • 2015年 12月 2日

    @Angelitaさん
    おぉ!シガーラ来ていたんですね・・・(滝汗)あの声、たまんないですね。

    >でもね、まさか・・酔っぱらっていた!? ちょっと目が点になりました・・(謎)
    たまにトマちゃんも目がいっちゃっている(ように)見える動画があったりするんですが、やっぱり一杯引っ掛けているんですかねぇ・・・。

  2. うん・・ブログにレビュー書こうと思いつつなかなか書けずにいるんだけど、
    すさまじいタイムテーブルでした・・。
    オーチャードのロビーに貼ってあった予定表によると、
    1830開場、1900開演、50分歌って20分の休憩、再び50分歌って2100終了
    だったのだけど、実際には・・・
    1830開場するも客席に入れず、1850客席にやっと入れ、1900ベルが鳴ったもののステージに誰も現れず(^^;)ようやく1920分にバックミュージシャンだけで開始。
    その後シガーラ登場。終始、横の小テーブルの上に置かれたオレンジ色の飲み物を摂取。
    そして休憩もなく歌い続け2100ちょっと前になる。
    第一部が終わったのかなんなの分からないでいると、再びステージに登場してまたひとしきり歌い。思えばこれがアンコールのようで?終演は2200近くに。
    歌は凄かったけれど、別の意味で凄かったコンサートでした。

    • Luzia
    • 2015年 12月 3日

    @Angelitaさん
    なんだかすんごいタイムテーブルですねぇ。このアバウトさがフラメンコっぽい!でも、日本のホールは時間に厳格ですからねぇ・・・。主催の方は後で怒られなかったかしらん。

    あぁ、でもシガーラの生声・・・。聴いてみたいっす。

  1. トラックバックはまだありません。

*