健康診断の結果・・・

毎年恒例の健康診断へ行きまっした。体重が去年より3Kg減っておった・・・。まぁ、ある程度予想はしていたんだけどねぇ。どうせだからあと3Kg減らして、10数年振りに60Kg台にしてみるか。全然関係ないのでっすが、2009年に書いた記事でパコ師匠のアルバム、“Solo quiero caminar (邦題:道)”に収録されている変則チューニングのブレリアス、“Piñonate (ピニョナーテ)”のチューニングを②=B♭、①=Dと書いておったのだけれど、これは間違いでござんした。正しくは②=A、①=Dでっす。これを更に⑥=Aにしたのが“Siroco (邦題:シロッコ~熱風)”の冒頭のタンゴス、“La cañada(ラ・カニャーダ)”でござんす。

  1. Piñonate は最近の超お気に入りです!聴けば聴くほどカッコいい!変則チューニング過ぎてコピーはためらいますが、タンゴスと共にいつかやりたい曲ですね♫欲を言えばチューニング別のギター欲しいくらいですが〜

    • Luzia
    • 2015年 11月 6日

    @アルパコさん
    パコ師匠はライブではこのチューニングによるブレリアは弾いていない(多分・・・)ですね。ノーマルチューニングでこの“Piñonate”のファルセータは断片的に弾いています。

  1. トラックバックはまだありません。

*