加薬(かやく)は大事!

以前書いたかもしれぬが、オイラはまるか食品株式会社謹製“ペヤングソースやきそば”が大好きである。少なくともその重要度においては誰それが不倫したやら、誰それがヤク中やら、某国民的アイドルの解散劇がどうたらこうたらやら、それを一国の首相や官房長官が憂うというお気楽極楽な日本国の現状よりも、オイラ的には1京倍は重要な事なのである。てゆ~か、日本ってほんっとに平和だねぇ。

とは言っても、毎日毎日ペヤングっていたら健康に悪いし、いくら大好きであっても飽きることは必至である。なのでオイラは1~2ヶ月に1度食すと決めている。“断ペヤング”をすることにより、久しぶりに食するペヤングに狂喜乱舞したいわけである。そう、オイラはドMなのである。

なので今日の昼、久しぶりにペヤングることにしたわけさ。あぁ、何と幸せなことよ。

震える手で(おいおい・・・)湯を沸かし、熱湯を注ぎ入れ、3分間待ち、湯を切り、いざソースをインという段階になって初めて

加薬(かやく)を入れ忘れていた・・・。

ことに気づいたのであった・・・。オーマイガーっ!どんだけペヤングにテンパってんだよ!

最近のオイラのダメダメっぷりは(肛門括約筋を含め)、本当に目を覆うばかりである。が、ここで加薬(かやく)のみを湯戻しする訳にはいかぬ。その間に麺がフヤケてしまうからである。

なので、ソース&青のり&スパイスのみで食する事にした。結果、

これはこれで美味いやん!

もちろん、加薬(かやく)が入っていた方が更に美味いはずなのであるが、加薬(かやく)無しでも問題は無いということが判ったのは収穫であった。

で、余ってしまった加薬(かやく)は次回のペヤングデーのためにもちろん保管!加薬(かやく)マシマシのペヤング!想像しただけでワクワクすっぞ!

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*