名手と言えども・・・なる時はなる・・・

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality



こんにちは、実は江頭2:50をリスペクトしているLuziaです。オイラ的には芸能人でこの人ほど人間的に優れた人はいないと思う今日この頃なんだねぇ。そして、“芸人”と素直に呼べる数少ない一人だとも思ふ。

それはさておき、冒頭の動画はオイラのアイドル(?)、Gerardo Núñez(ヘラルド・ヌニェス)のライブなんですけど、お気づきでしょうか?

よく観ますと、アルペジョを弾いている時にヘラルドの右人差し指が真っ直ぐ伸びたままになっています。これは長年ギターを弾いている人間からするとかなりドキッっとしてしまう映像でっす。以前のヘラルドはもちろん、こんな弾き方はしておりまっせん。なんでこんな弾き方をしているのでせう。

原因を予想しますと

  1. 新しい奏法。
  2. 右人差し指を怪我してしまった。
  3. 腱鞘炎になってしまった。

オイラの判断は(3)です。なぜなら冒頭の動画は2014年のものなのですけんど、昨年のビエナルのドキュメント番組(たぶん)にヘラルドが出演している動画の最後の方の映像においても、右人差し指が伸びたまま演奏しておるからでっす。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

仕事的にこれまで何人もギター弾き(プロ・アマ問わず)で腱鞘炎になってしまった方々を見ていますが、指が伸びたままになってしまうのは典型的な症状でござんす。

中には指が巻き込んだまま戻らなくなってしまう方、日常生活では全く普通に指が動くのに、ギターを持った途端に指がロックされてしまう方などなど、ギター弾きの腱鞘炎の症状は様々なものがございまっす。

名手と言えども、何らかの要因で重度の腱鞘炎になってしまうこともありんす。ただ、ヘラルドの場合、左右ともにとても理想的で美しいフォームで演奏されてきた方なので、腱鞘炎ではなく別な要因でこういう状態になってしまっている可能性はござんす。いずれにしろ、ご自愛いただきたい。

つ~か、ヘラルド!すんげぇ~太ったなおいっ!

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*