このFコードの押さえ方はちょっとキツイ・・・

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality



こんにちは、元踊り子のLuziaです。

さて、冒頭の動画。懐かすぃ~なぁ。Vicente Amigoビセンテ・アミーゴW)のファースト・アルバム、“De mi Corazón al Aire(邦題:我が心を風に解き放てば)”に収録されているソレア、“Tío Arango(邦題:アランゴ伯父さん)”でございますね。

この曲を初めて聴いた時はクリビツしたっけ。ハーモニーはもちろんの事、リズムの拍を前倒しで刻んだりしていてドキドキしたっけ。

でもこの曲、冒頭のFコードのファルセータがCapo1でもキツイねぇ・・・。11thのB音は開放弦だからいいけど、5thのC音を3指(左薬指)&9thのG音を4指(左小指)で押さえたまま3rdのA音をスラーせねばならぬ。

vicenet_tio1.jpg

オイラの記憶違いかもしれぬが、ビセンテがこう弾いていたことも見たことがある気がする・・・。

vicenet_tio2.jpg

ルートのF音が1拍しか伸ばせないけど、かなり弾きやすくなるねぇ。つ~か、やっぱビセンテ手がデカすぎだわっ!羨ましいのぉ・・・。

  1. 元踊り子さん
    きゃ~若い!1990年かぁ。22歳くらいかな?
    いとも簡単そうに弾いているからギター弾きじゃないとその凄さは分からないね。
    そしてギターのために神様が創った指の持ち主ですね。
    確かに手が大きいっていうか指が長いよね。

    そんなビセンテに「指きれいだね~」って褒められたことがあります(自慢?)
    あれもスペイン男のピロポの一種だったのかしら??

    • Luzia
    • 2017年 4月 15日

    @Angelitaさん
    返信が遅くなってごみんなさい。

    これはビエナルでの演奏ですね。たしかこの演奏の映像は日本でもビデオ!で発売されておりました。

    >そんなビセンテに「指きれいだね~」って褒められたことがあります(自慢?)
    ムイ・ビエン!ビセンテも神のごとく指が美しいですね。しかも、長いし!羨ましいでっす。

  1. トラックバックはまだありません。

*