ハチドリ並に指が動いたら、すんげぇ速くスケールが弾けるかもしれねぇ・・・

hummingbird.jpg


かもしれねぇけど、そこまで速く弾くことにあまり意味はねぇだろうなぁと思う今日このごろでっす。

で、クラシック・ギターをやられる方が一度はトライするであろう、Julio Salvador Sagreras(フリオ・サルバドール・サグレラス)の有名な“El Colibrì”っていう曲。多分、クラシック・ギターの巨匠、John Williams(ジョン・ウィリアムズ)の演奏・録音で一気に人気曲になったのではあるまいか?

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

“El Colibrì”はスペイン語ざんすが、要するに“ハチドリW”の事です。ハチドリの飛翔をギターで表現した曲なんだねぇ。でも、日本ではこの曲を“ハチドリ”とは言わず“はちすずめ”と呼んでいるね。

オイラはウォーミング・アップ目的でたまに弾くのだけど、よりハチドリ的に弾きたい時は3本指の運指を組み合わせて弾いたりする。工夫次第ではほぼ倍速で弾けるかもしれねぇっすよ。

同じような事を考えていらっしゃるギタリストもちらほらいらっしゃるるご様子。例えばキューバ出身のヴィルトゥオーゾ、Marco Tamayo(マルコ・タマヨ)はなかなかゴイスー。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

ちなみにマルコさんのウェブサイトから彼の運指が振られたピースが購入可能でっす。(PDFファイルでDLっす)

coribri_tamayo.jpg

ご興味のある方は是非ご購入なされたし。なかなか素晴らしい運指でっす。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*