Dの方が王道ではあるが、F♯mも捨て難い・・・

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality



ほんっっっっと、サーセン・・・。なんでまた“Panaderos Flamenco(パナデロス・フラメンコス)”なんだよっ!どんだけパナデロりたいんだよオイラわっ!

はい、オイラはケツの穴が小さい野郎なので、気になりだすととことん追求しないと落ち着かないのでありまっす・・・。

何が気になるのかというと、この曲の冒頭部分のコードなのねん。ええと、Esteban de Sanlúcar(エステバン・デ・サンルーカル)大先生自身のオリジナル演奏音源はこんな感じだと思いまっす。

<↓ クリックされたし>

panederos_original.jpg

パコ師匠の演奏よりシンプルですね。キーはA(イ長調)でっす。ですので、この冒頭部分はA → D → E → A~という、コード理論的に言うとトニック → サブドミナント → ドミナント → トニックという王道中の王道を単純に繰り返していまっす。

パコ師匠の演奏はA → D → E → A → E → Aと2小節目の3拍目にドミナントのEを持ってきて変化をつけていまっす。しかも、4小節目の3拍目は6thのC♯(ド♯)を入れたりしていまっす。

<↓ クリックされたし>

panaderos_paco1.jpg

これでめでたしめでたしなんですけど、オイラの耳が腐っているせいなのかもしれんのですが、パコ師匠の音源を聴くとどうも楽譜の赤丸部分のDコードがF♯mのコードに聴こえてしまうのでありんす・・・。

パコ師匠の音源。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

<↓ クリックされたし>

panaderos_paco2.jpg

仮にこのDコードがF♯mコードであっても、キーAにおけるトニックのAコードの代理コードとしてC♯m、F♯m、A7が使えるのでコード進行としてはA → F♯m(Aの代理コード)→ E → Aというドミナント進行になるので、理論的には何も問題無いのでっす。実際にF♯mで弾いても自然に聴こえまっす。

でも、いつものこの動画を観るとフォームはわかりづらいのでっすが、やっぱりDのような気がする・・・。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

たぶん、こんなことで悩んでいるのはオイラだけかもしれぬな・・・。旅に出るか・・・。

    • Haru Inuyama
    • 2017年 9月 7日

    はじめまして。
    以前のブログ(熱狂的〜でしたっけ?)から読ませていただいております。
    今回のPanaderosのコードでお悩みのようなので、昔MI大先生に習った時の楽譜を再確認してみました。
    コードの形で言うと、A→F♯m→E→A→Bm(C.7)→E→A→F♯m→E→A→Bm→E(+C#)→Aになっていました。
    自分も手がそう覚えていました。
    おそらく前に紹介されていたSamuelitoもそのように弾いているように思われます(前回記事のご指摘箇所は小指で弾いていませんが)。
    参考になれば幸いです。
    今後も記事の更新楽しみにしています。
    (何か不都合があれば削除してください。)

    • Luzia
    • 2017年 9月 9日

    @Haru Inuyama様
    コメントをいただきありがとうございました!

    >以前のブログ(熱狂的〜でしたっけ?)から読ませていただいております。
    “偏執狂的パコ・マニアのページ”ですね!そんな頃からご覧いただいておりましたとは・・・。汗顔の至りでございます・・・。

    >コードの形で言うと、A→F♯m→E→A→Bm(C.7)→E→A→F♯m→E→A→Bm→E(+C#)→Aになっていました。
    おおっ!例の箇所はF♯mでパコ師匠は弾いているのですね!ワタクシの耳が腐っていなくて良かったです。MI大先生の採譜なら間違いないっ!ちょっと自身がつきました。

    Samuelitoの動画を貼っていたのを忘れていました・・・。(つい最近ですのに・・・)確かに彼もF♯mの響きがします。気がつきませんでした・・・。

    今後とも宜しくお願い申し上げます。

  1. トラックバックはまだありません。

*