人の名前に歴史あり

康裕


ナスターシャ姐さんが突如逐電されて半年・・・。一向にその行方が杳としてわからなかったのですが、昼休みに休憩室で昼飯を食らっているとどこからか

「おいっ!ヤスっ!久しいのぉっ!」

と呼ばれ、慌てて外を見るとナスターシャ姐さんが相変わらずの三白眼でオイラを睨んでいたのであった・・・。ちなみに下の写真は2014年4月5日にいらした時の写真であります。

nastasja.jpg

「姐さんっ!久し振りっす!」と挨拶すると

「やかましいっ!アホンダラっ!」

と怒鳴られて、またどこかへ行ってしまわれました・・・。オイラの何がいけなかったのでしょうか・・・。

という訳で、オイラの世を忍ぶ源氏名は冒頭のとおり康裕(やすひろ)と申します。ありふれた名前でありますなぁ・・・。やすひろという名前は一般的には康弘と書かれる方が多いと思う。現に小学校の同級生や恩師のS先生は未だに康弘という名前で年賀状を下さる・・・。どうやら、同級生名簿が康弘になっているらしい・・・。

で、この康裕という名前。両親が付けたものでありますが、一応、由来はあるのです。

“康”は若かりしパピーが当時、山岡荘八Wのベストセラー、「徳川家康」にハマっており家康から一字を貰い、“裕”は若かりしマミーが当時、熱狂的な石原裕次郎ファンだったことから一字を貰い、合体させて康裕と名付けられたのでありまっす。

安易って言えば安易なんですが、変なキラキラネームにされるよりは良いのかもしれぬな・・・。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*