いやはや、ひっさびさに良いものを観させていただいてオヂサンは感涙に咽びましたよ

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality



昨日は休みだったので羽生結弦君のショートプログラムをリアルタイムで観た。まぁ~、素晴らしかった!まぁ~、美しかった!歓喜のあまり、真っ裸で踊り狂った結果、風邪ひいちまった・・・。

で、今日は発熱&鼻をズルズルしながら仕事はしているんだが、先程ネットニュースで羽生君が金メダルを獲得した事を知った。五輪連覇は皆様ご存知のとおり66年振りなんですね。

以前にも書いたような気がするんだけど、オイラはフィギュアスケートに関しては全くの門外漢でございまして、未だにジャンプの種類もよくわからん野郎なんですけど、そんなオヤヂでも羽生君の演技が並ではない事はわかる。理屈ぢゃないんだよね。彼の一挙手一投足から醸し出される“美しさ”、“オーラ”は筆舌に尽くし難いわ。

もちろん、そこに至るまで人知れず弛まぬ努力があったわけで、とりわけ今回の平昌冬季オリンピックは怪我という最悪のアクシデントを乗り越えての栄冠ざんしょう。あのほっそりとした身体の奥に極太強靭な精神力が宿っているとしか思えんわ。

実に眼福でござった。ムイ・ビエン!

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*