芋も好きだけど麦でもいいっ!要するにアルコールが含有されておれば何でもいい、ほぼアル中オヤヂの戯言でござんす・・・

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality



例えば、街中で何かしらの酒をラッパ飲みしながら闊歩している輩を見かけたら皆さんはどう思われるだろうか?

ワタクシの地元である小岩ではそれほど珍しい光景ではない。なぜなら、小岩は赤羽と並び称される“せんべろW”の聖地であり、酔っぱらいやら風変わりな人たちの宝庫であり、そのものが既に風物詩と化していると言っても過言ではないからである。だから、ワタクシも仕事後、小岩に到着すると何かしらの焼酎を購入し(黒霧島や一刻者が多い)、家に到着する前に途上で半分ほどラッパ飲みをする習慣がついてもうた・・・。もう、立派なアル中でっす!ヒャッハーっ!

さて、“大分むぎ焼酎二階堂のCM。これまでのシリーズもとってもセンスが良くて、このCM自体のファンの方も多いと聞きまっす。で、現在放送されているのが冒頭の「島影の詩(うた)」篇でありまっす。

BGMのギターサウンドが何とも哀愁が漂っていて良いでっすね。さて、この曲。クラシック・ギターを弾いていらっしゃる方にはお馴染みですね。Francisco Tárrega(フランシスコ・タレガW)の“Adelita(アデリータ)”という実に愛らしい小品ざんす。

多分、クラシック・ギターを嗜む方でしたら一度は演奏するんではなかろうか?実際、ギター教則本や名曲集的な楽譜には必ず収録されちょりまっす。

CMではこの曲がE Major(ホ長調)に転調した部分のメロディーをアレンジして演奏されちょる。せっかくなので初版楽譜を載せておきませう。

<↓ クリックされたし>

tarrega_adelita.jpg

曲全体のオリジナルをDavid Russellデイヴィット・ラッセルW)大先生の演奏で聴いてみませう。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

ワタクシにとっては耳タコの曲なんですけど、あらためてじっくり聴いてみるとこれは正に名曲でありますなぁ。明日は休日の予定なので、今夜は“大分むぎ焼酎二階堂”をラッパ飲みしながら帰宅しようと思いまっす!

    • Bell
    • 2018年 8月 16日

    二階堂のCM、これまでずっとマリオネットの曲が採用されていましたが、これは違うな、
    耳慣れた曲、多分クラシックギターの曲だなと思いながらタイトルが思い出せなくて、色々
    検索していましたが分からず。
    偶然このサイトを見てスッキリしました。「アデリータ」だ。ありがとうございました。
    とてもうれしかったです。
    若い頃クラシックギターを弾く友人によく弾いてもらったっけ。
    演奏者の名前はご存じないですよね?

    • Luzia
    • 2018年 8月 17日

    @Bellさん
    コメントをいただきありがとうございまっす。

    二階堂のCMはセンスが良くて毎回楽しみにしています。「島影の詩(うた)篇」の演奏者はわからなかったのですが、もしかしたらマリオネットさんかも・・・と思っております。

  1. トラックバックはまだありません。

*