音楽の音

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality



こんにちは、永遠の青年Luziaです。

日大の問題とかボクシング連盟のごたごたを連日観るにつけ、「人間って力を持つとああなっちゃうのかねぇ」と、ある意味、感慨一入であります。で、大体トップに居座っている人って御老体であり、前述のお二人のトップの方々の言動ってハッキリ言って老害以外の何ものでもないわけで、傲慢不羈そのものでありんすなぁ。

ちなみに老害の一例は「経験をひけらかし、現実にあってないのが理解できず意見を主張し続ける」のだそうで、この一文を某所で読んだ時に思わずほくそ笑んでしまったオイラなのであった。いるねぇ~、こういう人。

もちろん、“御老体=老害を撒き散らす人”なんてことは無い。めんどくさい奴は老若男女を問わず存在しているものね。

なんて事を考えつつ過日、心身ともに疲弊しきった時に「“Dancer in the Dark(ダンサー・イン・ザ・ダークW)”を観たらどうなるのだろう?」と思いたち、DVDを久し振りに鑑賞。もう何度も観ているのだけど、いつも以上にあのバッド・エンドに_| ̄|○なのであった・・・。

このままでは負の世界に引きずり込まれてしまうっ!と危ぶんだオイラは映画の中で市民ミュージカルとして“The Sound Of Music(サウンド・オブ・ミュージック)”を上演すべく練習に励むシーンを思い出した。ちなみにセルマ役のBjörkビョークW)ちゃんはマリア役である。

んで、メンタルを正の世界へと戻すには映画版“サウンド・オブ・ミュージック”を観るしかあるまいっ!といつもながらの短絡的思考により、これまた数十年振りに観たのであった。

いいねぇ~。やっぱり名作だねぇ~。すっかり心のカタルシスを得られたオイラなのであった。

ミュージカル映画ですから、音楽がとても重要でございますな。改めてRichard Rodgers(リチャード・ロジャース)は偉大な作曲家だなと再認識いたしましたわ。

んでんで、またスイッチが入った。大昔、Laurindo Almeida(ローリンド・アルメイダW)編曲による曲集、“Broadway Solo Guitar(ブロードウェイ・ソロ・ギター)”が出版されていたことを。[1]

この中に冒頭にリンクしたテーマ曲のサントラ音源、“サウンド・オブ・ミュージック”のアレンジが収録されちょります。これがすんばらしいアレンジなんざますよ。楽譜の冒頭はこんな感じっす。

rodgers_almeida.jpg

このアレンジの演奏音源っす。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

そう言えばこのアレンジって、アントニオ古賀先生が講師をされていた時のNHK“ギターをひこう”のオープニング曲になっていたっけ。懐かしい・・・。

村治佳織さんも録音しちょりまっす。

ソレイユ~ポートレイツ2~

ソレイユ~ポートレイツ2~ミュージック

価格¥ 3,086

アーティスト村治佳織

クリエーター村治佳織, 佐藤弘和

発行ユニバーサル ミュージック クラシック

発売日2010/09/21

カテゴリーCD

Supported by amazon Product Advertising API

  1. ちなみにこの曲集はとっくの昔に絶版になっちょる。 [戻る]
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*