この作曲家がギター曲を書いていたのか!~ Part3

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality



こんにちは、秋バテです・・・。暑いんだか涼しいんだかよくわからん天気は苦手でっす・・・。

という訳で世界的なアコーディオニスト、cobaのギターソロ作品が出版されましたよっ!

“coba/Return to O”

coba_return_to_o_1.jpg

coba_return_to_o_2.jpg

cobaさんはアコーディオンの演奏はもとより、作曲家としても既に500曲以上の作品を手がけていらっシャルル・ド・ゴール空港。2016年第11回Hakujuギター・フェスタでギター二重奏のための委嘱新作を発表され(未出版)、昨年の第12回の同フェスでギタリストの荘村清志先生から新たにギターソロ作品をと委嘱され、世界初演となったのがこの作品でっす。

cobaさんによると調性と無調性の間をハイセンスに行き来しながら、ギターの持つ荒々しいグルーヴと幽玄の鳴りがこの“Return to O”には集約されているそうでっす。脚注“O”はOwnであり、Onlyであり、Originalであり、Zero(零)とのこと。

出版されたばかりなので、まだ演奏動画はありまっせぬ。少し弾いてみたのですけんど、すんげぇ~良い曲ざます。これは流行るかもしれぬ。ちなみにこの作品は、2019年12月に開催される予定の第62回東京国際ギターコンクールの本選課題曲に指定されましたがな。ムイ・ビエン!

個人的にオイラはcobaさんというと、あのBjörk(ビョーク)さんの1995年~1996年のワールドツアーに参加っ!という快挙が忘れられぬ。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

すげぇ~なぁ・・・。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*