すんごくメンドイ楽譜のお話

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality



こんにちは、バリューマーでっす・・・。昨日の人間ドックで牛飲をしたバリウム。いただいた下剤が効きすぎて、帰宅前に3回、今朝方3回、計6回に渡って排出・・・。なんか調子悪いっす・・・。

さて、冒頭のItzhak Perlmanイツァーク・パールマンW)大先生の演奏動画。1993年のSteven Spielberg(スティーヴン・スピルバーグW)監督の名作、“Schindler’s List(シンドラーのリストW)”のテーマっす。映画のサントラもイツァーク・パールマン大先生が演奏していまっすね。作曲はスピルバーグ作品では欠かすことの出来ない作曲家、John Williams(ジョン・ウィリアムズ)でっす。

で、実にややこしいのでありんすが、この曲を一番最初にギターソロにアレンジして録音したのはクラシック・ギターの大巨匠、John Williams(ジョン・ウィリアムス)かと思われまっす。

ご覧のとおり、同姓同名なので混同されがちでありまっして、ギターのジョン大先生はしょっちゅう間違われるので、自分のことはウィリアムズではなくウィリアムスと読んで欲しいみたいなことを仰っていた記憶が・・・。

で、ジョン大先生のアレンジ譜は正式なものは出版されちょりまっせん。というより、作曲家のジョン・ウィリアムズの作品は恐らく版権等の事情から勝手に出版しちゃいけんご様子。

が、20年以上前に鍼灸師で凄腕アマチュア・ギタリストとしても名高い宮原一浩先生が、ジョン大先生の録音やライヴ動画を参考にして採譜をされた楽譜が、現代ギター誌に添付楽譜として掲載されたことがござんす。冒頭部分はこんな感じっす。(ちなみにこの号はとっくの昔に絶版でっす)

schindler_john.jpg

ジョン大先生の演奏音源。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

⑥=C、⑤=Gっていうナイスな変則チューニングっす。ちなみにオリジナルキーはAm(イ短調)でっすので、ジョン大先生のアレンジはGm(ト短調)っすね。

んで昨日、人間ドック受診のためお休みだったオイラですが、お客人からロシアのギタリスト作曲家、Nikita Koshkin(ニキータ・コシュキン)のアレンジ譜の出版の有無のお問い合わせがあったそう。

ニキータ大先生は日本のクラシック・ギター界では古くから知られる方なんですけど、不勉強ゆえにニキータ大先生がこの曲をアレンジされているとは知らなんだ・・・。

YouTubeで検索してみたらロシア出身のギタリスト、Asya Selyutina(アシャ・セリュチナ?)という方がニキータ大先生のアレンジを演奏されちょった。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

どういうこっちゃ?で、様々なサーチをした結果、アシャさんはニキータ大先生の奥様なのであった・・・。だけど、どうサーチしてもニキータ大先生のアレンジ譜は出版されていないご様子。

なので、ダメ元でニキータ大先生のFacebook(アドレスは前述のニキータ大先生のお名前にリンクしておる)のメッセージ送信から出版の有無の問合せをしてみたら直ぐにご返信があり、やっぱり未出版との事でござった。

が、メッセージ返信に記載されている指定のメールアドレス宛でPayPal送金をすることによりPDFファイルによるアレンジ譜が購入可能でござんす。オイラ自身もこのアレンジ譜を弾いてみたかったので即送金してゲットしたざんす。楽譜の冒頭部分はこんな感じっす。

schindler_koshkin.jpg

さすがに素晴らしいアレンジざんす。弾いてみたい方は是非、ニキータ大先生のFacebookからメッセージを送られたし。

    • けんいち
    • 2018年 9月 29日

    なんと偶然にも今この曲を弾いていてびっくりしました。
    私が弾いているのは竹内永和氏の編曲で、これまた現代ギターに載っていたものです。
    ノーマル調弦で、めちゃくちゃ弾きやすいので気に入っています。

    • Luzia
    • 2018年 9月 30日

    @けんいちさん
    コメントをいただきありがとうございまっす。

    竹内先生のアレンジ譜は絶版になってしまっているので貴重です。復活して欲しいですね。

  1. トラックバックはまだありません。

*