祈るのは一人でも二人でもどっちでも良いでっす

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality



こんにちは、伝説のバンド“クンズー&ホグレッツ”の元リード・ギタリストだったLuziaさんでっす。相変わらずのアホでっす。気にしないでくださいやし。

さぁさぁ、冒頭の動画はメリケンのギタリスト作曲家、Frederic Hand(フレデリック・ハンド)先生の作品でありまっす“Prayer(祈り)”のご自身の演奏でございまっす。実にビューチフルな曲ざます。そう言えば、フレデリック先生のことはずいぶん前にちらっと書いたことがありましたっけ。(ここ

この曲は元々はギター・デュオ作品でありまして、

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

ワタクシの記憶ではJohn Williams(ジョン・ウィリアムス)大先生とオーストラリア出身のギタリスト、Timothy Kainティモシー・ケインW)のデュオによる1996年のアルバム、“The Mantis and the Moon(邦題:月とカマキリ)”に収録されちょりました。(あ、ジョン大先生も出身はオーストラリアだね)

余談ながらジョン大先生の2014年リリースのアルバム、“Stepping Stones(ステッピング・ストーンズ)”でティモシーさんとともに再録もされちょる。

更に余談ながら、ジョン大先生の2013年の来日公演ではソロ・バージョンが演奏されちょりまっす。ちなみにソロ・バージョンの冒頭部分はこんな感じっす。

hand_prayer_solo_version.jpg

技術的に全然難しくないので、興味のある方はチャレンジされたし。ギターソロ版の楽譜はここで購入可能でっす。ギターデュオ版はここで購入可能でっす。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*