トリストローザ

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality



こんにちは、「着ぐるみって意外と重いんだぜっ!」でお馴染みの三城真臼(みき・まうす)です。ついでに、「夢と魔法の王国なんてこの世には存在しないんだぜっ!幻想幻想っ!」。あぁ、この世はなんと悲しみに満ちていることか・・・。

という訳で、冒頭の動画はHeitor Villa-Lobos(エイトル・ヴィラ=ロボスW)が23歳の頃に作曲したピアノのための美しいワルツ、“Tristorosa(トリストローザ)”でっす。日本では“悲しみに満ちて”っていうタイトルで知られちょる。

原曲の楽譜冒頭はこんな感じっす。

lobos_tristorosa_orignal.jpg

ピアノ原曲はとってもシンプルでっす。オイラはピアノが弾けぬのでわからんのですが、技術的難易度はそれほど高くないかと思われ・・・。

んで、実はこの曲をギターソロにアレンジしている御仁がおらるる。Byron Fogo(バイロン・フォーゴ)という方で、メリケンのClear Note Publicationsからピースが出版されちょりまっす。楽譜の冒頭はこんな感じっす。

lobos_fogo_tristorosa.jpg

ピアノ曲をギターにアレンジメントした場合、概して難曲になりよる・・・。とは言え、テンポは遅めでありんすから、練習をすれば中・上級クラスの方でしたらどなたも演奏出来ますやろ。

このアレンジをベラルーシ出身のべっぴんさんギタリスト、Tatyana Ryzhkova(タチアナ・リツコヴァ)さんが演奏しちょる動画をどうぞ。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

ブラヴォーっ!美しいねぇ、お顔も曲も。(おひおひ)上の楽譜とちょっと違うのだけど(⑥=Dにしてるし・・・)、多分、このアレンジを元にしているんだと思ふ。

ヴィラ=ロボスのオリジナル・ギターソロ作品は極めたっ!っていう方。是非レパートリーになされたし。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*