だから、何で“別れの曲”なの?

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality



田子ノ浦部屋は東小岩にあり、実は北小岩のオイラの自宅から結構近い場所にあったりする。だもんで、小岩の住人はず~~~と稀勢の里を応援しまくってきたわけで、が、若干32歳で引退へとなってしまったのはとっても残念ではあります。

“平成最弱の横綱”だとか、“横綱ワースト8連敗”とか、“9場所休場”とか、横綱昇進以降、負の連鎖が続いてついぞ輝くことは出来なかったけれど、良く考えてみてほしい。おいそれとは横綱に昇進なんか出来ないんすよね。相撲の世界はそんなに甘くはないのだもの。多分、横綱まで登り詰めて燃え尽きちゃったんぢゃなかろうかね。怪我もあったしね。一番悩み苦しんだのは本人であり、とにかくお疲れ様と言いたいわ。

でですね、いつものとおりぜんぜん違うお話になるのよ。

冒頭の演奏動画は言わずとしれたFrédéric Chopin(フレデリック・ショパンW)の“Étude Op.10(エチュード作品10)”の第3番(日本では“別れの曲”というタイトルでお馴染みね)でっす。

今日、6年近く前の記事(ここ)でチラッと書いた日本の某島在住のちょっと変わったお客人から久しぶりにお電話があり、少しお話をし、例によって

「○○さんのために“別れの曲”を弾くので聴いて下さい」

・・・・・・と仰るので、ありがたく聴かせていただきました・・・。う、う~~~~~ん。

で、何で“別れの曲”なのよっ!!!

と叫びたい気持ちをグッと抑えている今日このごろでっす・・・。

オイラはどうせなら、ショパンの曲はギターよりもピアノで聴きたいわけで・・・。で、何となくYouTubeでギターで演奏されている“別れの曲”を検索してみましたら、たびたび来日公演を行っているクロアチア出身の美人ギタリスト、Ana Vidović(アナ・ヴィドヴィッチ)のお兄さんであるViktor Vidović(ヴィクトル・ヴィドヴィッチ)さんの演奏があったよん。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

な、な、なんと“Ballade No.1(バラード第1番)”もガチで演奏していたりする。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

サーセン・・・。やっぱりオイラはピアノの方が好きだ・・・。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*