知る人ぞ知るギタリスト・シリーズPart.27~Sönke Meinen

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality



こんにちは。明日は休日出勤をしなくてよくなったぜよっ!ようやく休めるわいっ!ヒャッハーっ!とは言っても、まだしばらくは激忙の日々が続きまくる哀れ虫Luziaなのですけんど・・・。

さて、冒頭の動画はドイツのフィンガー・ピッカー、Sönke Meinen(ゼンケ・マイネン)の“On the Run”という曲でっす。渋谷のスクランブル交差点で弾いちょるっ!カッコイイねっ!

実を言うと今日初めて知ったギタリストでありんす・・・。(激汗)

Acoustic Guitar World”という日本のサイトに来日時のインタビュー記事が掲載されちょるぜよ。へぇ~、もともとはクラシックから始めたんだねぇ。どのギターを弾くにしても、最初にクラシック・ギターの奏法を学んでいると後楽園!もとい、後が楽っ!っていう事を証明していると思うわ。

彼は、通常アコースティック・ギター(いわゆる鉄弦)で弾かれることが多い音楽スタイルをナイロン弦で弾く数少ないギタリストで、オイラ的にはすんごくナイス。

なんでかって言うと、以前愚ブログで書いたけんど、オイラちょっと鉄弦が苦手なんですわ・・・。(そのあたりのカミングアウトはここ

んで、この“On the Run”の楽譜は彼のサイトからPDFファイルで購入可能っす。楽譜の冒頭はこんな感じ。

on_the_run.jpg

本日現在、彼の作品はこの曲を含めて10曲購入可能っす。どれもこれもとってもセンスがいい作品ばかりでっす。しかも、YouTubeで全て彼の演奏を視聴出来るので、この手の作品が好きな方は是非レパートリーに加えられたし。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*