マニュアル作業も捨てたもんぢゃない

tax_free_register.jpg


こんにちは。ブラウザは長年Firefoxを愛用しちょるんだけど、昨日から突然インストール済アドオンが全て利用不能になる問題が発生していて使いにくくてしょうがねぇ・・・。Yahoo!ニュース等でも取り上げられるほど深刻・・・。

なので、今日はChromeにFirefoxで実現していたのと同等の拡張機能をブチ込んでバリバリにカスタマイズして使用しちょりまっす。これが殊の外いい感じで、いっその事、このままChromeに乗り換えちまおうかと逡巡しちょる今日このごろ。皆様いかがお過ごしでせうか?

で、冒頭写真のレジスター。免税販売対応のレジなんすけど、実はうちのお店も免税販売対応店でござんす。が、そんなに免税販売をする回数は多くないので、レジはごく普通のシンプルなレジを使用しておりんす。

今日、韓国からいらっしゃったお客人がご来店され、某国内製作家のギターを1本とケースをお買い上げくだすった。実にありがたいことでござんす。

なので、当然ながら免税販売を致すわけですが、これがなかなかメンドイの・・・。うちのレジは当然ながら価格を打ち、部門キー(商品キー)を押すと8%の消費税が最終的に加算されまっす。

で、免税販売する場合は該当の部門キーだけを非課税の設定にするわけですが、この呪文がなかなかヤヤコシイ・・・。

1. レジのキー(鍵)を設定モードに切り替える。
2. 数字ボタン1と小計ボタンを押す。
3. ♯/替ボタンを押す。(これが非課税設定用のボタン)
4. 部門キーを押す。(非課税にしたい商品キーを押す)
5. -(マイナス)ボタンを押す。
6. 数字キーの9と1を押す。
7. PLUキーを100になるまで押す。
8. 小計ボタンを押す。これで終了。
9. レジのキー(鍵)を登録モードに切り替える。

その後、“免税購入者誓約書記録票”というものを作成するのねん。あ、もちろん手書きでね。

cpc.jpg

無事に手続きが終わったらお客人のパスポートに記録表を貼ったり、レジを元に戻さなきゃいかんしと作業はかなり煩雑になりんす。免税販売がすんげく多いお店ではこんな事やってられんので、すべからく免税販売対応レジを使用していると思ふ。

確かにメンドイのだけど、マニュアル作業に慣れていれば免税販売対応レジが万が一故障した時には慌てなくて済むだろうね。利便性に頼り切ってしまうと人間はますますダメになっちゃうと思ふ。

マニュアル作業も捨てたもんぢゃないよね。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*