“月光”は結構な曲です~驚愕&謎編

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


こんにちは、ベンジョーノ・ラ・クガッキーでっす。ワタクシから得られる情報のほとんどはゴミ以下なので、お気をつけなされたっし。

いやはや、Ludwig van Beethoven(ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンW)の“Klaviersonate Nr. 14 cis-moll “Quasi una Fantasia”(通称:月光ソナタ)”のギター版に関する“月光シリーズ”は、Emre Sabuncuoğluさんの全三楽章アレンジの事を書いた“月光は結構な曲です~完結編”で文字通り完結させたのでっすが、実に困った事にとんでもないアレンジ譜を発見伝っ!

なんと、あろうことか原調のC#Minor(嬰ハ短調)版なんすよ・・・。しかも、かなりガチなアレンジっす・・・。

moonlight_incredible_guitar.jpg

Emre SabuncuoğluさんのAm(イ短調)版でも大変なのに・・・。更にはアレンジャーが不明だったりする・・・。

念のためYouTubeでこのアレンジを弾いている変態、もとい、猛者がいるかサーチしましたが、さすがにおらなんだ。だろうね・・・。

こんな事を言っては身も蓋もないのでっすけど、この曲をギターソロで弾くっていうのはやはり無謀であろう・・・。やはり、ピアノでの演奏&録音を聴くのが一番でございませう。

これまた申し訳ねぇのでっすが、このアレンジ譜は現在、入手は難しいかと思われ・・・。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Luzia

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし

  1. じんじん

    どもっ!
    月光は好きなピアノ曲の1つです。
    初めて聞いた時から気持ちが落ち着く曲で魅せられました。
    ピアノ弾きたくなる曲です、弾けないけど(涙)。

    コメントを書かないでいる間、ロック界に2つのニュースが入りました。

    まずは嬉しいニュース。
    レッド・ツェッペリンの代表作と言っても過言でない「天国への階段」、ようやく著作権問題が片付いたようです。
    高校時代、回りのギター弾きはほぼ全員イントロ弾いてましたからね。
    俺もその1人。
    自分のギターでこの演奏を必死になぞってました。リードは諦めたけど。

    そして・・・悲しいニュース。
    エドワード・ヴァン・ヘイレンが癌との長い闘いの後に天国へ旅立ちました・・・。
    彼のライトハンドタッピングはロック・ギター界のみならず、ギターの歴史に大きく後を残しましたね。
    弦をロックしてアーミングによるチューニングの狂いを抑えるフロイド・ローズも大きく広めました。
    何せ、私も1本所有してますから。
    (後にクラシック・ギターで右手押弦の演奏がある事を知って冷や汗。)
    65歳って、まだまだ若いし私もあとウン年。

    今宵は「天国への階段」と「Beat it」(選曲についてはご容赦を)を聞いて過ごそうかな。
    であ・・・・。

  2. Luzia

    じんじんさん

    ベートーヴェンの「月光」はたまんねぇっすね。ワタクシは第1楽章を聴くとなぜか、長ドス片手にカチコミに行く妄想に囚われます。ヤバい奴でっす・・・。

    ツェッペリンの「天国の階段」の盗作訴訟もやっとケリが付きましたね。で、エディ・ヴァン・ヘイレン・・・。65歳は若すぎるねぇ・・・。

    ハードロックやヘヴィ・メタルに傾倒していた頃、ワタクシはどちらかと言うとジミヘン、ジミー・ペイジ、それ以後ですとランディ・ローズにハマっていて、ヴァン・ヘイレンはほとんどコピーしませんでした。

    嫌いというわけではなく、あの良い意味での能天気なギタープレイはエディさんしか出来ない領域であって、ただただ畏怖しておったのであります。

  3. じんじん

    >あの良い意味での能天気なギタープレイはエディさんしか出来ない領域であって・・・

    まさに言いえて妙ですね。
    会社員時代、幸運にも日本でのヴァン・ヘイレン公演を観に行った後輩が「手がメチャメチャ早かったですー。」と言ってました。
    彼のライトハンド・タッピングに触発されたミュージシャンは数え切れないでしょう。
    Mr.BIGのビリー、ラウドネスの高崎さん、山本恭司さん、タッチテクニックで話題になったジョーダンetc.
    惜しい人を無くした。

  4. Luzia

    じんじんさん

    間違いなく日本のハードロック・シーンにおいて、ギタリストに最も影響を与えた一人はエディさんでしょうね。

    久しぶりに動画を観て、ニコニコ笑顔で弾きまくっている姿が素敵でございました。

*

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【 Twitter 】

【 アーカイブ 】

  • [—]2020 (157)
  • [+]2019 (131)
  • [+]2018 (118)
  • [+]2017 (141)
  • [+]2016 (121)
  • [+]2015 (243)
  • [+]2014 (364)
  • [+]2013 (365)
  • [+]2012 (364)
  • [+]2011 (364)
  • [+]2010 (365)
  • [+]2009 (165)

【 ブログをメールで購読 】

メールアドレスを記入して登録ボタンをポチッと押すと、更新をメールで受信できよりまっす。

【 管理人の素性 】

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし