一度も実演を聴け(か)なかった・・・。オイラにとっては正真正銘正レジェンド・ギタリストになってもうた・・・

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


えっ!12日の火曜日に東京も雪が降るのかい?

いやいや、福井や富山が大雪で大変な事になっちょるのに比べたら、東京ごときの雪ではしゃいではいかんな・・・。

さて、冒頭の音源はフラメンコ・ギタリストの染谷ひろしさんが、1991年にリリースされた“バルセロナ・バルセロナ・バルセロナ”というアルバムに収録されている“かもめ”という作品です。もうね、素晴らしすぎるっ!

が・・・。染谷さんが昨年の4月にご逝去されていたことを今頃知りました・・・。享年72歳。合掌。

染谷さんのお名前は大学時代、ギター部に入部してフラメンコ・ギターを始めた頃に現代ギター誌やパセオ誌(現在のパセオ・フラメンコ誌)で知りました。

現代ギター誌に染谷さんの作品の楽譜が掲載されたり、パセオ・フラメンコでは連載や楽譜集も出版されたと記憶しますが、当時オイラはフラメンコ・ギターを始めたばかりということもあって、パコ・デ・ルシア一辺倒だったので実演を聴く機会を得ませんでした。

今から思うと何とMOTTAINAI!事をしちまったんだろう・・・。

今年の元旦に実家へ赴いた時に、置きっぱなしにしてきた書籍等が入ったクリアボックスを14年振りに漁ってみたら、何と現代ギター誌の1988年2月号(No.267)~3月号(No.268)に渡って掲載された染谷さんの“MOZAMBIQUE’ 74”という作品の楽譜が取ってあってクリビツテンギョウっ!

オイラは弾いた覚えがないのでどんな理由で楽譜を取ってあったのかは不明なんでっすけど、いつか弾こうと思っていたのかなぁ・・・。

まぁ、こんな事があったものでネットで染谷さんの近況を知ろうと思ってサーチした結果、ご訃報を知ったという次第なのでありんす・・・。

で、あらためてこの“MOZAMBIQUE’ 74”という作品の楽譜を見て更にクリビツしたのは、何とRondeña(ロンデーニャ)の形式によるBulerías(ブレリアス)なんですよ、これがっ!

someya_rb1.jpg

someya_rb2.jpg

作曲者名の下に“1974, Lourenço Marques”[1]とあるので、恐らく1974年に作曲された作品だと推測出来るわけで、もしこれが間違いなければ、この年代の作品としてはかなり先鋭的であり、ハッキリ言って当時のパコ様の作品より進んでいたと言っても過言ではなかろ。

あぁ・・・。せめて演奏動画があればなぁ・・・。つくづく悔やまれまっす・・・。

【追記】
ご子息の染谷西郷さんは“FUNKIST”というバンドのボーカルをされておりまっす。素晴らしいっ!

  1. ロレンソ・マルケスはアフリカ南東部、モザンビークの首都マプートの旧称でっす。モザンビーク独立(1975年)の翌76年に現名に改称されまっした。 [戻る]

この記事をシェアする

Luzia

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし

  1. 坂田則裕

    宮内君、ご無沙汰しています。
    先日、飯ヶ谷先生が、日本人ギタリストで、ソロなら染谷ひろしで伴奏なら住田政男と言っていたよ。
    亡くなったのは知らないみたい。僕もこのCDは持っています。

  2. Luzia

    坂田さん

    こちらこそ大変ご無沙汰をしております。お元気そうで良かったです。

    染谷さんの演奏を一度でも生で聴きたかったです。

    個人的にはパセオ・フラメンコに連載されていた「独眼竜パコ・デ・ルシア考」(確か、こんなタイトルだったかと・・・)がとっても面白かったなぁ。

  3. 坂田則裕

    コロナの影響で、7年ぶりにギターを再開してしまいました。
    昨年の6月より、飯ヶ谷先生のところに通い、11月よりzoomで池川一派に伴奏を習っています。

  4. Luzia

    坂田さん

    >コロナの影響で、7年ぶりにギターを再開してしまいました。
    素晴らしいっ!

    昨年は業界的には学生のギターサークルさんがほぼ全滅(前期がリモート授業になってしまい、新入生勧誘が難しくなってしまったため)で、それを見越した楽器が倉庫を埋め尽くすという事態になってしまったのですが、いわゆる“巣ごもり生活”のためにウクレレ、アコギ、クラシック・ギターを始めた方が増えたこともあって、結果的にはトントンでした。

    まだまだコロナ禍の収束は見えてきませんね。坂田さんもまずはご自愛専一にてお過ごし下さい。

  5. 坂田則裕

    宮内君

    ありがとう。

    あまり貢献出来ませんが、

    落ち着いたら、またお邪魔しますね。

  6. Luzia

    坂田さん

    宜しくお願いしまっす!

  7. 坂田則裕

    もちろんだよ。

*

2021年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【 Twitter 】

【 アーカイブ 】

  • [—]2021 (63)
  • [+]2020 (200)
  • [+]2019 (131)
  • [+]2018 (118)
  • [+]2017 (141)
  • [+]2016 (121)
  • [+]2015 (243)
  • [+]2014 (364)
  • [+]2013 (365)
  • [+]2012 (364)
  • [+]2011 (364)
  • [+]2010 (365)
  • [+]2009 (165)

【 ブログをメールで購読 】

メールアドレスを記入して登録ボタンをポチッと押すと、更新をメールで受信できよりまっす。

【 管理人の素性 】

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし