オイラ的にフェイバリットなファルセータ・シリーズ第11弾

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


どうやら、きんきゅうじたいせんげんはえんちょうされるようでっすね。どんだけえんちょうすればきがすむねん。はなっからびしっとろっくだうんをしてたいおうしていれば、だいぶじょうきょうはちがったとおもうんだけどね。まぁ、いまさらどうにもなるもんぢゃねぇけどね。これもなんどもかいているっすけど、ほんとにこんなじょうたいでおりんぴっくをやろうってぇんだから、もはやしょうきのさたとはおもえんわ。めちゃくちゃだわな。くるっているとしかおもえぬわな。にほんこくみんをばかにしているとしかおもえんわな。おいらはきぶんてきにはめちゃくちゃぼうどうをおこしたいわ。

さて、冒頭の音源はRafael Riqueni(ラファエル・リケーニ)先生が1986年にリリースされたデビュー盤、“Juego de Niños”に収録されている伝説のフラメンコ・ギタリスト、El Niño Miguel(エル・ニーニョ・ミゲル)を称えたFandango de Huelva(ファンダンゴ・デ・ウエルバ)による神憑り的名作、“Al Niño Miguel(ニーニョ・ミゲルへ)でっす。

なんつってもこの曲は冒頭から超いかすっ!

<↓ クリックされたし>

riqueni_fandango.jpg

この部分だけでもオイラは十分泣けるわい。ムイ・ビエンっ!

【余談】
EaglesイーグルスW)の有名過ぎる名曲、“Hotel California(ホテル・カリフォルニア)”のイントロのコード進行はBm → F♯7 → A → E → G → D → C♯m → F♯7でっす。

お気付きでせうか?リケーニ先生のこのファンダンゴはカポ2でっすので、実音で見るとほぼこのコード進行だったりするのねん。偶然とは言え「実に面白ぉい by 湯川 学」

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Luzia

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし

コメントをお待ちしております

*

2021年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【 Twitter 】

【 アーカイブ 】

  • [—]2022 (17)
  • [+]2021 (222)
  • [+]2020 (200)
  • [+]2019 (131)
  • [+]2018 (118)
  • [+]2017 (141)
  • [+]2016 (121)
  • [+]2015 (243)
  • [+]2014 (364)
  • [+]2013 (365)
  • [+]2012 (364)
  • [+]2011 (364)
  • [+]2010 (365)
  • [+]2009 (165)

【 ブログをメールで購読 】

メールアドレスを記入して登録ボタンをポチッと押すと、更新をメールで受信できよりまっす。

【 管理人の素性 】

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし