カテゴリー : 戯言

九死に一生ハプニング~階段落ち編

3歳当時に住んでいた2階建てアパート(6世帯)の近くにスーパーマーケットがあり、オイラはいつも母親にくっついて買い物に同伴していました。アパートの部屋は2階の奥だったんですが、今では余り見られなくなった2階へ上がるための階段が左右両方にあるアパートでした。つまりどちらからも2階へ行けるわけです。ですが、道路側から見ると一番奥の部屋だったためこれが思わぬ落とし穴に・・・。
続きを読む

オイラのアキレス腱

子供の感性って一点の曇りもない、恐ろしく透明度の高い水晶珠のようなものだと常々思っています。ほとんどの人間は成長するに従いその珠が徐々に汚れ、曇っていく。オイラのように真っ黒に煤けてしまって修復困難な人もいるだろう・・・。子供の頃に見聞きした映像、音楽から受けた感動を大人になってから振り返ってみると、ほんの一瞬だけその輝きを取り戻すことがある。オイラにもそういう作品があります。
続きを読む

脳内BGM最多再生曲

妙にテンションが上がっている時、風雲急を告げるような場面に遭遇した時、車を運転中にトイレに行きたくなり、だけど渋滞に巻き込まれて身動き出来ず膀胱が破裂しそうな時、べろんべろんに酔っぱらって前後不覚に陥った時などなど、何かしら生活のリズムに変化があった時に脳内で再生されるBGMが皆さんにもありませんか?オイラにはありまっす。それは、
続きを読む

笑いを堪えるのがこんなに辛いとは思わなかった・・・

やべぇ・・・。やべぇっす!7月26日の記事で「ヅラおじ様」のことを書いたけど(こちらを参照)、また新たなズラおじ様に今日!遭遇してしまった・・・。しかも、まるでコントのようなシチュエーションにオイラはおろか、その場に居合わせた人々は皆一様に笑いを堪えるのに必死だった。
続きを読む

不条理な情景

不条理とは何よりもまず高度の滑稽である。なんらかのものあるいは人とうまく調和しないことを意味する。不条理とは通常の予測を外れた行動または思想であり、不条理な推論とは非論理的な推論である。

Wikipediaより

続きを読む

慶応3年11月15日

西暦では1867年12月10日。この日、京都河原町の醤油商「近江屋」井口新助邸で坂本龍馬、中岡慎太郎、そして龍馬の身の回りの世話(護衛も兼ねた)をしていた元力士・山田藤吉が暗殺されました。龍馬33歳、慎太郎29歳、藤吉19歳。この日は龍馬の誕生日でもありました。
続きを読む

健康優良児!

いくらなんでも「児」ではないな・・・。「健康優良ジジイ」っす!今日は朝一で健康診断に行った。「身長」、「体重」、「視力」、「血圧」、「尿検査」、「血液検査」、「聴覚検査」、「心電図」、「問診」という極々簡単な診断。年齢的には本格的な人間ドッグをいい加減受けた方がいいんだけど・・・。
続きを読む

美しき放物線

なんかおバカな話が2日続いてしまった・・・。なので今日もおバカな話を書こう!これはサイト運営時代にも書いたことがあるのだけど、一部の方々に異様にウケたお話。でもオイラにとっては顔から火が出るくらい恥ずい話・・・。
続きを読む

九死に一生ハプニング~親知らず抜歯編

誰しも「あぁ、あん時は本当にヤバかった・・・」っていう“九死に一生ハプニング”の一つや二つをお持ちでござんしょう。オイラも物心ついた頃から現在に至るまで何回かあった。今回は一番最近、と言っても15年近く前のお話。ちょっと長くなりますがお許し下され。
続きを読む

B9:A1の男

オイラは絵に描いたようなB型野郎だ。すなわち「マイペース」、「行動の予測がつかない(端から見ると)」、「慣習(ルール)に拘らない」、「楽観的」、「脱家庭的」、「周囲の状況にとらわれない」、「一点集中型(マニアック)」などなど・・・。こういったB型の傾向は、B型以外の血液型の方から漏れなく「変人もしくは、訳わからん人」という称号を賜る。オイラも何度賜れまれたことか・・・。
続きを読む