カテゴリー : 歴史

鬼平残影 其の七~法恩寺

引き込みのおすみは橋本屋の勝手口からぬけ出し、横川へかかる法恩寺橋へ向かった。彼方に法恩寺の大屋根がのぞまれる。

“鬼平犯科帳”第14巻収蔵「尻毛の長右衛門」より

続きを読む

鬼平残影 其の六~芋酒“加賀や”

“鬼平犯科帳”全24巻の中でもとりわけ好きな話が第5巻に収録されている“兇賊”でございます。元はひとり盗き(ひとりばたらき)の盗人で、結局一度もお縄にかかることなく足を洗い、現在は芋酒“加賀や”という居酒屋の亭主として慎ましく生きている鷺原(さぎはら)〕の九平が、ひょんなことから江戸中を震え上がらせている兇賊、網切(あみきり)〕の甚五郎が鬼平こと長谷川平蔵の殺害を企ていることを知ってしまうのであります。
続きを読む

鬼平残影 其の五~春慶寺

“鬼平犯科帳”第一巻に収録されている“本所桜屋敷”で初登場を果たす長谷川平蔵の盟友、岸井左馬之助が寄宿しているお寺が春慶寺でござる。その実直で一本気なキャラクター設定ゆえに人気がありますな。さて、この春慶寺はあの鶴屋南北W(四世)のお墓があることでも有名ね。場所は墨田区業平。最寄り駅は押上駅。つーことで、浅草通りを隔てて目の前にあるのは東京スカイツリーざんす。
続きを読む

鬼平残影 其の四~清水門外役宅

という訳で、昨日の続きざんす。清水坂を下っている時に「そういや、鬼平の役宅は江戸城清水門外だったっけ」と思い至り、このまま歩いて行ってみようとまずは靖国通りに出た。念のため書いておくと、清水門外役宅は小説上の設定でござんす。このあたりは与力たきざわさんによるウェブサイト市中見廻り~鬼平ゆかりの地を歩く~”にとても詳しく書かれておりますのでご参照あれ。

続きを読む

鬼平残影 其の三~軍鶏なべ屋“五鉄”

小説“鬼平犯科帳”にたびたび登場するのが軍鶏なべ屋“五鉄”でございますね。長谷川平蔵が放蕩無頼の青春時代から出入りをし、火付盗賊改方長官になってからも部下や密偵との連絡(つなぎ)場所としても描かれる重要な場所でっす。と言っても実在した店ではなく架空のお店なんですが・・・。という訳で今週は小説上、軍鶏なべ屋“五鉄”があったと思われる場所に行ってみました。
続きを読む

鬼平残影 其のニ~長谷川平蔵屋敷跡

小説では長谷川平蔵の屋敷は目白台、役宅が江戸城清水門外ということになっておりんすが、史実では現在の東京都墨田区菊川3-16あたりにあったそうな。なので今週はここを訪れることに決定。先週訪れた“弥勒寺”からも近い場所。天気も良く絶好の散歩日和だったので思いっきり歩きたくなり、JR総武線錦糸町駅で下車。京葉道路に出て、三ツ目通りを目指す。
続きを読む

鬼平残影 其の一~弥勒寺

今更ながら池波正太郎Wの小説“鬼平犯科帳”にぞっこんな今日この頃。ドラマは折に触れて観ていたのだけど、これまで池波作品は幕末モノしか読んだことがなかった。文庫版で全24巻という巻数に怖気付いていた感もあるのだけど、既に電子書籍化されていたこともあり、ここ最近愛用しているソニーのReaderにブチ込んで読み始めたら止まらなくなってしまい、もう1ヶ月以上鬼平だけしか読んでいない・・・。だって、メッチャ面白いんだもんっ!
続きを読む

神田お玉ヶ池

あぁ、ナンテコッタイ。会社にケータイを忘れたことを昨夜帰宅して気付く。今日は定休日であり、明日も公休なので今日の昼前に会社に行き回収。誰もいない店内で少し仕事をし、秋葉原に戻る。昭和通り口のヨドバシカメラ前にある小さな公園の前で一服(注:千代田区は路上喫煙禁止なので良い子は真似してはいけない)しているとふと、「司馬遼太郎の“竜馬がゆく”をしばらく読んでねぇな」と思うや否やある一節を思い出した。
続きを読む

革命の長い夜

慶応2年1月21日、世に名高い“薩長同盟”が締結されました。犬猿の仲であった薩摩藩、長州藩が政治的、軍事的に手を結ぶことにより、日本史上長きに渡った幕藩体制に終止符が打たれることになり、近代日本の出発点とも言える大変重要な出来事でありました。さて、1月21日という日付は旧暦であり、新暦では1866年3月7日、つまり145年前の今日であります。
続きを読む

義士

義士(ぎし)は、節義厚い者のことをいう。または、大韓民国などでみられる称号のひとつ。類似する概念として志士、烈士などがある。主に在野にあり、功労や名声を得たものが多いことから浪士とも併称されることが多い。その主な例が元禄赤穂事件で活躍した赤穂浪士である。赤穂藩の側からその節義をたたえる歴史観に立った場合、その活躍を礼賛して赤穂義士と敬意を込めて称されることがある。韓国では称号のひとつでもあり、伊藤博文を暗殺して死刑となった安重根が義士の称号を以って称されている。

Wikipediaより

続きを読む