カテゴリー : 映画

黄仁植(ファン・インシク)先生

ファン・インシク先生

続きを読む

“水のようになれ”

ブルース・リー~チェンジ・ザ・ワールド

続きを読む

ツイッター!、もとい、ツィター!

ツィター

続きを読む

ようやく“flamenco flamenco”を観る(激汗・・・)

Carlos Saura(カルロス・サウラW)監督・脚本、光の魔術師ことVittorio Storaro(ヴィットリオ・ストラーロW)が撮影監督を務めた2010年の作品、“flamenco flamenco”がDVD化されたのでようやく観た。オイラは本当にフラメンコ野郎なのだろうか・・・。カルロス・サウラ監督は1995年にも“flamenco”という作品を発表していますが、“flamenco flamenco”は更に進化&深化しており、出るのは溜息ばかりなりってくらい美しい映像作品でございました。フラメンコという芸術をこのように撮れるのはやはりカルロス・サウラ監督以外にはいないであろう。
続きを読む

コーヒー&シガレッツ

このわたくしが如何にして嫌煙家からヘビースモーカーへと華麗なる転身を遂げたかは以前書いた。(ここ)さて、今日。まだまだお盆休みの方が多いと見えてほとんど開店休業中の昼下り、いつもお世話になっているあるお客人からお電話をいただいた。その方は全くタバコを吸われないのだが、なぜかタバコの話になり、最終的にわたくしが「コーヒーとタバコは最強のコンビっ!」と豪語した時にある映画の事を思い出したのだった。
続きを読む

“人間には2種類ある 弾の入った銃を持つ奴と地面を掘る奴だ”

くぅ~~~~~っ!たまんねぇなぁ。これはオイラのフェイバリットな映画の一つ、クリント・イーストウッド主演の“続 夕陽のガンマン”の有名なセリフである。いやぁ~、映画ってほんとにいいもんですねん。映画の数だけ名セリフはあるものであって、言葉の持つ力は偉大である。そんなこともあっていわゆる“キャッチフレーズ”や“キャッチコピー”なんかにも激しく反応してしまうオイラでありんす。特に好きなのが書籍のオビに書かれた“キャッチコピー”。
続きを読む

貸しの連鎖

mimicopy

続きを読む

革命への変遷を耳で確かめる

Paco De Lucía(パコ・デ・ルシア)のアルバム、“Siroco(邦題:シロッコ~熱風)”がいかに偉大なアルバムであるかはこれまで何度も書きました。(ここここここなど)しかし、いきなり革命的な事を成し遂げたわけではなく、そこに至るまでには実に10年という年月がかかっております。1976年に発表した“Almoraima(邦題:アルモライマ)”~1987年の“Siroco”の間にリリースされたアルバムや音源を聴くとその変遷が良くわかります。
続きを読む

ちゃいるど・ぷれい・・・

こ、怖っ!

腰痛復活&肩コリ~ヌ

続きを読む

Foreign affairs police

ええと、最後に映画館で映画を観たのは昨年の7月公開の“パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉”でござった。これも約1年振りだったのだけど、それから度も映画館に行っていない・・・。あぁ、かつてはこれでも映画少年だったんだけどなぁ・・・。で、ケイゾクWを観て以来大ファンの渡部篤郎さん主演の映画“外事警察 その男に騙されるな”を観に行った。
続きを読む